全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

旬のマコモが人気  龍郷町・秋名  農家直売会に行列

秋名・幾里の水田前で開かれた農家直売会=24日、鹿児島県龍郷町

 鹿児島県龍郷町(奄美大島)の秋名・幾里地区のマコモ生産組合は24日、秋名コミュニティーセンター近くの水田で「マコモ直売会」を開催した。11戸の農家がそれぞれの水田の前で採れたてのマコモを販売。小雨の降る中、町内外から多くの人が新鮮なマコモを求めて訪れ、袋いっぱいのマコモを手にしていた。

 マコモはイネ科の多年草で、茎に黒穂菌が入ると根本部分が肥大して新芽(マコモダケ)になる。柔らかいタケノコに似た食感と甘みが特徴で、生でも食べられる。葉や茎はお茶やしめ縄にも使われるほか、皮は入浴剤に、黒穂菌は酵素として美容にも使われるという。

 今年も屋外での販売のみだったが、市価より安く買えるとあってコミュニティーセンターの敷地内の店では午前8時の販売開始前から列ができるなど盛況。2時間で完売した農家や、準備した分では間に合わずほ場に入って収穫と袋詰めの作業をしながら販売している農家もあった。

 名瀬から訪れた70代女性は「サラダや天ぷら、炒め物など何にでも使えておいしいので、毎年来ている。来年こそはマコモ祭りができてマコモ料理の試食ができることを楽しみにしている」と話した。

 水田でのマコモの販売は11月初旬まで午前9時ごろから個々の農家で実施している。

関連記事

宇部日報社

市長賞に花園自治会、春の花壇コンクール、特別賞や最優秀賞決まる【宇部】

 宇部市春の花壇コンクールの受賞団体が決まり、最高賞の市長賞には東岐波の国道190号沿いの花壇を彩った花園自治会(伊藤昌洋会長)が輝いた。市、市ガーデンシティ緑化運動推進委員会(会長・篠﨑圭二市...

紀伊民報社

南高梅が不作 平年の3割弱 梅の着果調査

 JAや日高振興局などでつくる「日高果樹技術者協議会」は19日、和歌山県の御坊・日高の4市町で実施した本年産南高梅の着果調査結果を発表した。主産地であるみなべ町と印南町の着果数は、過去10年平均...

苫小牧市ロゴマーク制定記念 22日に切手シート発売

日本郵便北海道支社は22日から、苫小牧市のロゴマーク制定を記念したオリジナルフレーム切手の販売を始める。84円切手10枚から成るシートで1枚は市のロゴマーク、残り9枚はとまチョップが樽前山山頂に登...

荘内日報社

龍神様とご縁を結ぶ 善寳寺 「辰歳御縁年記念企画」始まる

 鶴岡市下川の龍澤山善寳寺で12年に1度の「辰歳(たつどし)御縁年記念企画」が始まった。本堂で祈祷を受けた後、奥の院・龍王殿を拝観し「龍神様」とご縁を結ぶ。このほか国の重要文化財に指定されている絵画「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク