全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

登録祝い、奄美市庁舎に 世界遺産のシマを投影

奄美市庁舎に浮かぶプロジェクションマッピング=23日午後7時すぎ、奄美市

 奄美・沖縄の世界自然遺産登録を記念した祝賀イベント「今夜、シマに生まれたことを誇りに思う。」が23日、鹿児島県奄美市の市役所市民広場であった。庁舎正面設置の巨大スクリーンを使ったプロジェクションマッピングでは、多様な自然や文化が音楽とともに投影され、観客を沸かせた。

 奄美大島5市町村と世界自然遺産推進共同体でつくる実行委員会が主催した。朝山毅奄美市長は「奄美、沖縄の4地域が世界の宝になった。喜びを分かち合いながら、ゆっくり楽しんでほしい」とあいさつした。

 高さ9メートル、横34メートルの白色スクリーンには、緑豊かな金作原やデイゴ並木、秋名アラセツ行事などの動画が映し出され、村松健さんのピアノ演奏、歌手の元ちとせさんの新曲が花を添えた。奄美ゆかりのアーティストらがライブで会場を盛り上げ、最後は六調の輪が舞台に広がった。

 公募した一般市民ら約400人は庁舎向かいの名瀬小校庭から観覧した。一時雨に見舞われることもあったが、コロナ禍をしばし忘れさせてくれるような美しい映像、華やかなパフォーマンスに拍手やハト(指笛)が鳴り響いた。

 家族と訪れた同市名瀬の城音羽さん(14)は「映像を見て改めて島の良さを知ることができた。この宝を受け継いでいきたい」と話した。

関連記事

紀伊民報社

まるでヘルメット 梅畑にオニフスベ

 和歌山県田辺市上芳養、自営業榎本正也さん方の梅畑で、真っ白な球体のキノコ「オニフスベ」(ホコリタケ科)が三つ生えているのが見つかった。  榎本さんが6月29日、梅取り作業中に、梅の木の根元や畑...

荘内日報社

育てた小麦 初収穫 庄農ラーメン開発に活用 庄農高秋のデビュー目指す 加茂水..

 穀物の自給率について学んでいる鶴岡市の庄内農業高校の生徒が育てた小麦の初収穫が1日、同市羽黒町玉川にある学校農場で行われた。収穫した小麦は粉末にして同市の加茂水産高校の生徒と共同開発している「庄農...

とまチョップ水がモンドセレクション金賞 2回目の栄誉に喜び

苫小牧市が販売するペットボトル飲料水「とまチョップ水」が、国際的評価機関モンドセレクションで2022年度の金賞を受賞した。2019年度に続いて2回目。市は「苫小牧の水が国際的に評価を受けた」と喜ん...

牛受精卵 世界初ドローン配送 上士幌で実験スタート

 上士幌町とJA上士幌町(小椋茂敏組合長)、ドローン配送会社のNEXT DELIVERY(ネクストデリバリー、山梨県小管村、田路圭輔代表)が1日、牛の受精卵をドローンで配送する実証実験を始めた。年...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク