全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「祝!遺産」特別機ずらり JALグループ、祝意の計らい 奄美空港

奄美空港駐機場に並んだJALグループの特別塗装3機=23日、奄美市笠利町

 奄美・沖縄の世界自然遺産登録記念式典(県主催)が鹿児島県奄美市名瀬で開催された23日、同市笠利町の奄美空港では、日本航空(JAL)グループの特別塗装3機が勢ぞろいした。一部臨時便で機材繰りや運航スケジュールを調整し、歴史的行事への祝意を示した。

 特別塗装機は、機体側面に「おめでとう!世界自然遺産登録」「守ろう!世界の宝」というメッセージと、奄美・沖縄の動物を模した環境省のイメージキャラクター3体が描かれている。9月以降、国内発着便で順次就航しており、来年秋ごろまで運航する予定。

日本エアコミューター(JAC)機に施された特別塗装と同機の客室乗務員=23日、奄美市笠利町の奄美空港

 3機は同日午後2時半ごろ、奄美空港駐機場に並んだ。到着ロビーでは、JALグループ職員が3機と同じデザインの横断幕を掲げ、来島した乗客を歓迎。奄美大島内での動植物捕獲、採取の注意事項、観察する際のルールなどをまとめた啓発チラシを手渡した。

 JAL鹿児島支店の久見木大介支店長は「奄美・沖縄の世界自然遺産登録を応援してきたJALグループとして、全国各地を飛び回る特別塗装3機を奄美空港に集結させる形で祝意を表現した。引き続き奄美・沖縄の環境保全に取り組んでいきたい」と語った。

関連記事

荘内日報社

夏山登山者迎えるニッコウキスゲ 月山8合目

 鶴岡市羽黒町の月山8合目付近に広がる弥陀ケ原で、夏の訪れを告げるニッコウキスゲが見頃を迎え、多くの草花と共に登山客の心を癒やしている。  弥陀ケ原は月山の標高約1400メートル地点にある日本有数...

黄金畑に堂々コンバイン 小麦 芽室で早くも収穫開始

 秋まき小麦の収穫が十勝管内で始まっている。今期は春以降、好天に恵まれて全域的に生育が順調。農業者からは「昨年よりさらに早い作業開始」との声も聞かれ、14日も、黄金色に輝く小麦畑をコンバインが...

若雌1類優秀に大海 市畜産共進会 団体賞は下地支部 県上位入賞へ期待込め

 宮古島市畜産共進会(主催・同実行委員会)が13日、JAおきなわ宮古家畜市場で開かれた。3部門に計24頭が出品された。審査の結果、若雌第1類で大海(上野)所有の「たいかいとよひめ」号が優秀賞とJAおきなわ宮...

北羽新報社

金勇で「能代の七夕展」始まる 当番組・萬町組の提灯など展示

 能代市柳町の観光交流施設・旧料亭金勇で13日、同施設の企画展「能代の七夕展」が始まった。8月6、7日に市内で行われる役七夕の当番組を務める萬町(あらまち)組で実際に使われる提灯(ちょうちん)や...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク