全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「祝!遺産」特別機ずらり JALグループ、祝意の計らい 奄美空港

奄美空港駐機場に並んだJALグループの特別塗装3機=23日、奄美市笠利町

 奄美・沖縄の世界自然遺産登録記念式典(県主催)が鹿児島県奄美市名瀬で開催された23日、同市笠利町の奄美空港では、日本航空(JAL)グループの特別塗装3機が勢ぞろいした。一部臨時便で機材繰りや運航スケジュールを調整し、歴史的行事への祝意を示した。

 特別塗装機は、機体側面に「おめでとう!世界自然遺産登録」「守ろう!世界の宝」というメッセージと、奄美・沖縄の動物を模した環境省のイメージキャラクター3体が描かれている。9月以降、国内発着便で順次就航しており、来年秋ごろまで運航する予定。

日本エアコミューター(JAC)機に施された特別塗装と同機の客室乗務員=23日、奄美市笠利町の奄美空港

 3機は同日午後2時半ごろ、奄美空港駐機場に並んだ。到着ロビーでは、JALグループ職員が3機と同じデザインの横断幕を掲げ、来島した乗客を歓迎。奄美大島内での動植物捕獲、採取の注意事項、観察する際のルールなどをまとめた啓発チラシを手渡した。

 JAL鹿児島支店の久見木大介支店長は「奄美・沖縄の世界自然遺産登録を応援してきたJALグループとして、全国各地を飛び回る特別塗装3機を奄美空港に集結させる形で祝意を表現した。引き続き奄美・沖縄の環境保全に取り組んでいきたい」と語った。

関連記事

紀伊民報社

まるでヘルメット 梅畑にオニフスベ

 和歌山県田辺市上芳養、自営業榎本正也さん方の梅畑で、真っ白な球体のキノコ「オニフスベ」(ホコリタケ科)が三つ生えているのが見つかった。  榎本さんが6月29日、梅取り作業中に、梅の木の根元や畑...

荘内日報社

育てた小麦 初収穫 庄農ラーメン開発に活用 庄農高秋のデビュー目指す 加茂水..

 穀物の自給率について学んでいる鶴岡市の庄内農業高校の生徒が育てた小麦の初収穫が1日、同市羽黒町玉川にある学校農場で行われた。収穫した小麦は粉末にして同市の加茂水産高校の生徒と共同開発している「庄農...

とまチョップ水がモンドセレクション金賞 2回目の栄誉に喜び

苫小牧市が販売するペットボトル飲料水「とまチョップ水」が、国際的評価機関モンドセレクションで2022年度の金賞を受賞した。2019年度に続いて2回目。市は「苫小牧の水が国際的に評価を受けた」と喜ん...

牛受精卵 世界初ドローン配送 上士幌で実験スタート

 上士幌町とJA上士幌町(小椋茂敏組合長)、ドローン配送会社のNEXT DELIVERY(ネクストデリバリー、山梨県小管村、田路圭輔代表)が1日、牛の受精卵をドローンで配送する実証実験を始めた。年...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク