全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

美しい言霊を紡ぐ 島木赤彦文学賞の授賞式 長野県下諏訪町

文学賞を受賞した伝田さん(中)と新人賞受賞の渡良瀬さん(右)

 長野県下諏訪町と島木赤彦研究会は24日、第23回島木赤彦文学賞および第21回同新人賞の授賞式を諏訪湖博物館・赤彦記念館で開いた。歌集「伝田幸子歌集」で文学賞を受賞した伝田幸子さん(80)=長野市浅川=と、歌集「水晶のしづく」で新人賞に選ばれた渡良瀬愛子さん(61)=千葉県柏市=を表彰し、これまでの短歌の研さんをたたえた。

 同会は、有識者会員の推薦で集まった作品を一次選考で文学賞4作品、新人賞は3作品に絞り込み、6月の最終選考で各賞を決定した。

 伝田さんは短歌結社「潮音」に所属。過去に出版した6冊の歌集を1冊にまとめ、自身の集大成として2020年に出版した歌集「伝田幸子歌集」が、「赤彦の歌風が現れている」と評価されて文学賞に選ばれた。

 渡良瀬さんは短歌結社「迯水短歌会」に所属。歌集「水晶のしづく」は「赤彦らの作品に学び、短歌に真摯(しんし)に向き合い表現している」と評価されて新人賞を受賞した。

 授賞式で宮坂徹町長は、2人の研究、研さんをたたえ、「町では今後、島木赤彦という人を広く紹介、顕彰し、歴史文化観光にもつなげていきたい」とあいさつした。

 伝田さんは「文学賞の名に恥じないよう、これからも作家活動に励んでいきたい」、渡良瀬さんは「大自然に育まれる伝統的な短歌を追求し、日本の美しい言霊を紡いでいきたい」と話し、受賞を喜んでいた。

 同文学賞は、諏訪ゆかりのアララギ派歌人島木赤彦を顕彰し、短歌の創作と普及に優れた業績を上げた個人、団体を表彰している。

関連記事

紀伊民報社

熊野本宮大社で合気道演武 植芝道場長の講習も

 和歌山県田辺市本宮町の世界遺産・熊野本宮大社の旧社地「大斎原(おおゆのはら)」で20、21日、「合気道国際奉納演武」があった。  同市出身で合気道の開祖・植芝盛平のひ孫に当たる合気道本部道場...

長野日報社

原村でじっくりボードゲームを 1日1組限定のリゾート

ボードゲームに没頭するリゾート施設「GAW(ガウ)」が、5月1日に原村原山にオープンする。都内の音楽制作会社が手掛ける新事業。アナログゲームマスターのあだちちひろさんが依頼者の思いに沿った最...

帯広信用金庫の防犯講座人気 詐欺事例、寸劇交え

 十勝管内でも特殊詐欺事件が相次ぐ中、帯広信用金庫(高橋常夫理事長)は、被害防止のための出前講座を続けている。具体的手口を寸劇を交えるなどして分かりやすく紹介、社会貢献事業として無料で行ってお...

荘内日報社

外国人観光客とおもてなし交流 酒田港 泉小児童 日本の遊び紹介

 外航クルーズ船「ウエステルダム」(オランダ船籍、8万2862総トン)の酒田港寄港に合わせ22日、酒田市の泉小学校の4年生42人が同港古湊埠頭(ふとう)に降り立った外国人観光客らに日本の遊びを紹介するなど交...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク