全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

コーヒー収穫始まる

赤く色付いたコーヒーの実を収穫する東さん=10月26日、和泊町

 鹿児島県沖永良部島和泊町にある沖永良部島珈琲(コーヒー)研究所(東さつき代表)のコーヒー農園で9月からコーヒーの実の収穫が始まっている。昨年は台風の接近がなかった影響もあり、樹勢が強く、2008年の開園以降で最も豊作という。  当時、エチオピア原産アラビカ種の苗木100本を8アールのほ場に植え付けたのが同園のスタート。現在は約400本を植えている。  東さんは霧島市隼人町で自家焙煎コーヒー専門店も営んでおり、コーヒーの栽培、加工、商品開発、販売までを全て手掛けている。収穫期は3月末頃までを予定し、その間、県本土と沖永良部島を月に数回、行き来しながら収穫を行うという。  栽培に農薬は使用せず、収穫も赤く色づいた実を選別して手摘みで一つ一つ丁寧に行う。一人で作業する場合、1日当たりの収穫量は10キロと少なめだが、国産・鹿児島県産コーヒーのブランド向上を常に意識しながら取り組んでいる。  県産コーヒーブランドの確立を目指し、今年3月に一般社団法人「鹿児島県産珈琲生産協会」を設立、その会長も務める東さんは「国産コーヒーは需要がある。これまでの9年間で培った栽培のノウハウや経験を紹介しながら奄美でもコーヒー栽培の仲間を増やし、ブランド化を図っていきたい」と話した。

関連記事

紀伊民報社

まるでヘルメット 梅畑にオニフスベ

 和歌山県田辺市上芳養、自営業榎本正也さん方の梅畑で、真っ白な球体のキノコ「オニフスベ」(ホコリタケ科)が三つ生えているのが見つかった。  榎本さんが6月29日、梅取り作業中に、梅の木の根元や畑...

荘内日報社

育てた小麦 初収穫 庄農ラーメン開発に活用 庄農高秋のデビュー目指す 加茂水..

 穀物の自給率について学んでいる鶴岡市の庄内農業高校の生徒が育てた小麦の初収穫が1日、同市羽黒町玉川にある学校農場で行われた。収穫した小麦は粉末にして同市の加茂水産高校の生徒と共同開発している「庄農...

とまチョップ水がモンドセレクション金賞 2回目の栄誉に喜び

苫小牧市が販売するペットボトル飲料水「とまチョップ水」が、国際的評価機関モンドセレクションで2022年度の金賞を受賞した。2019年度に続いて2回目。市は「苫小牧の水が国際的に評価を受けた」と喜ん...

牛受精卵 世界初ドローン配送 上士幌で実験スタート

 上士幌町とJA上士幌町(小椋茂敏組合長)、ドローン配送会社のNEXT DELIVERY(ネクストデリバリー、山梨県小管村、田路圭輔代表)が1日、牛の受精卵をドローンで配送する実証実験を始めた。年...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク