全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

上諏訪地区奉賛会が結成 御柱祭へ準備加速 長野県諏訪市

上諏訪地区奉賛会の結成宣言後の木やりで気持ちを高める総会参加会員

 来春の諏訪大社式年造営御柱大祭(御柱祭)に向け、長野県諏訪市の上諏訪地区奉賛会は22日夜、結成総会を市文化センターで開き、大久保一会長(71)=同市杉菜池=が結成を宣言した。約450人の陣容で御柱祭に向け、準備を進めていく。来春の山出し、里曳きは現状では、感染状況が見通せない状況だが、曳行の実施を願い、12月4、5、11、12日に綱打ちを同市の諏訪湖イベントひろばで行う。

 大久保会長は「専任委員会や奉賛会の要である元綱、山造、梃子、木遣の4委員会のメンバーが決まり、御柱に熱い思いを持った委員長を選出してもらった。心強い限り。奉賛会の会員一人ひとりが気持ちを合わせ、御柱祭を成功させよう」と結束を呼び掛けた。総会は感染症対策で参加者を絞った。

 奉賛会結成に先立つ準備委員会は2月に設立し、計11回の会議を重ねて体制づくりを進めてきた。曳行長は大久保会長、副曳行長は藤森邦武さんが務める。奉賛会の会員数は例年よりも多めで若い世代への技術や思いの継承も念頭に置く。

 綱打ちは新型コロナウイルス感染症対策として、2回のワクチン接種済みまたは抗原検査、PCR検査で陰性が確認できた人を対象とし、2週間の健康調査票の提出を求める。基本的な感染症対策のほか、作業中は水分補給以外の飲食を禁じる。作業グループを作り、他グループと交わらないようにする。大人数での慰労会は行わないことなどを確認した。

関連記事

鹿追・然別湖コタン 今年は500円 入場に協賛金

 鹿追町や十勝の風物詩となっている冬のイベント「しかりべつ湖コタン」(実行委、鹿追町主催)が29日午前9時に開幕する。今回からイベント継続を目的に、入場する際の協賛金制度を設けた。  コタンは...

北羽新報社

医療用かつらに使って 能代市の小3男児がヘアドネーション

 病気などで脱毛などに悩む子どもたちの医療用かつらに役立ててもらおうと髪の毛を寄付する「ヘアドネーション」に興味を持ち、2年以上も髪を伸ばしてきた能代市向能代小3年の菅原凜君(8)=同市落合=...

海外の高校生と討論・交流 ディベート世界大会に初出場 大島高校英語部

 鹿児島県奄美市名瀬の県立大島高校英語部(脇本由里香顧問、部員18人)の2年生3人は21~22日、オンラインで開催された「第7回PDA高校生パーラメンタリーディベート世界交流大会」に出場した。1...

長野日報社

「わらいずみ」注文続々 長野県飯島町の南信州米俵保存会に

 大相撲の土俵をはじめわら細工を幅広く手掛ける長野県飯島町の南信州米俵保存会に、ミシュランに掲載される東京のすし店などから特別注文が相次いでいる。特注品は本来炊いた飯を保温するために使うかご「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク