全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

誇りと自覚胸に精進誓う 奄美看護福祉専門学校で戴帽式

看護学科2年生38人がナースキャップを授与された戴帽式=22日、奄美市名瀬の奄美看護福祉専門学校

 鹿児島県奄美市名瀬の奄美看護福祉専門学校(向井奉文校長)で22日、第26回戴帽式があった。看護学科2年生38人が純白のナースキャップを授与され、看護師の心構えを示す「ナイチンゲール誓詞」を唱和。看護の道を歩む誇りと自覚を胸に、さらなる精進を誓った。

 同校の戴帽式は、近代看護の基礎を築いた英国人・ナイチンゲールの誕生日=5月12日(看護の日)=に合わせて毎年実施している。今年は昨年に続き、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期。観覧制限や入場時の検温、手指消毒など感染対策を講じた。

 向井校長は式辞で「皆さんはコロナ下に入学、戴帽式を迎えた。医療を志す中で思い悩むこともあるだろうが、人と助け合う精神を忘れずに。医学が高度化、複雑化する昨今、看護師の必要性は非常に高い。社会が皆さんを待ち望んでいる」と激励した。

 学生を代表して永井陽菜さんは「祖母が入院した際、付き添う家族にも声を掛け、話を聞く看護師を見て憧れた。知識や技術とともに人間性を磨き、患者の心に寄り添える看護師になりたい。目標を忘れず、仲間と協力し合い、苦難も乗り越えていく」と決意を述べた。

 同校看護学科は3年課程。2年生は今後、病院や施設での実習を通じて現場感覚を養いつつ、看護師の国家資格取得を目指す。

関連記事

荘内日報社

砂浜にマイクロプラスチック その種類の多さに驚き 鶴工高環境化学科 3年生4..

 鶴岡工業高校(平山豊校長)の生徒が、庄内浜でマイクロプラスチックの研究に取り組んでいる。環境化学科3年の生徒4人が湯野浜海岸の砂を調べたところ風呂用品に使われる「ポリプロピレン」など5種類のマイクロ...

紀伊民報社

春の味覚「菜花」 日置川、すさみで収穫

 和歌山県白浜町の日置川地域やすさみ町で、食用菜の花「菜花(なばな)」が収穫されている。やわらかいつぼみや茎、葉を食べる旬の味覚。2月末ごろまで続く。  JA紀南によると、農家15戸が計約2ヘク...

三星 よいとまけに新商品、「りんご味」が登場

苫小牧市糸井のパン菓子製造三星(三浦実社長)は21日、お菓子「よいとまけ りんご」を新発売した。半世紀以上の歴史を誇るハスカップ菓子「よいとまけ」に、約6年半ぶりに新しい味が加わった。同社は「甘味...

排雪 学校敷地を活用 通学路の安全確保へ 帯広市

 帯広市は21日、市内小中学校の周辺路線の除排雪作業について、学校敷地内に排雪し作業を効率化する取り組みを始めた。通学路の安全確保に向けた新たな試みで、今後も各学校の周辺路線へと除雪範囲を広げてい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク