全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ベーグルの新商品開発 苫総経マーケティング部と専門店「アソシエ」 黒糖生地ベース 

苫小牧総合経済高校マーケティング部とベーグル専門店のアソシエベーグル(苫小牧市光洋町)が新商品「スマイルベーグル」を共同開発し、23、24の両日、「第38回東胆振物産まつり」の会場(MEGAドン・キホーテ苫小牧3階)で販売する。道産小麦の生地に黒糖を混ぜ込み、クルミとキャラメルチョコチップを加えたほんのり甘いベーグル。部員らは「多くの人に味わってほしい」とアピールする。

23日発売の「スマイルベーグル」をPRする部員ら

 7月から新商品開発に取り組んできた、同部とアソシエベーグル。部員6人が中心となって味や具材を決め、試食を重ねて9月10日に完成させたという。

 風味豊かで、自然な甘みが特徴。沖縄県の波照間島産黒糖の生地をベースに、食感の良いクルミと香ばしいキャラメルチョコチップを練り込んだ。食べた人に笑顔になってほしい―と「スマイルベーグル」と名付けた。

 1個250円(税込み)。物産まつり会場では1日24個を販売予定で、当日は部員たちも店頭に立つ。同部2年生の中尾紫音部長(17)は「幅広い年代の人に食べてほしい」と話す。

 9月に札幌市内で開催予定だった産業フェアでお披露目しようと開発を進めてきたが新型コロナウイルス禍でフェアが中止となり、今回が初登場。26日からはアソシエベーグルで数量限定販売する。

 アソシエベーグルはNPO法人もなみ会が運営する店で、障害者の就労の場として2009年にオープン。もなみ会の総合施設長で同店店長の佐藤嗣有子さん(63)は「若い人たちとの共同作業は刺激的で勉強になり、利用者が働く上で励みにもなっている。ベーグルを通して笑顔を届けたい」と語る。

関連記事

紀伊民報社

「子ども食堂に協力を」  持続的運営へ支援団体を新設

 子どもの居場所や多世代交流の拠点となる「子ども食堂」を支援しようと、任意団体「県こども食堂応援ネットワーク」(事務局=和歌山県社会福祉協議会)が設立された。子ども食堂を持続的に運営していけるよ...

「ほべつメロン」最高値15万円 市公設地方卸売市場で初競り

むかわ町穂別地区の特産品で地域ブランド「ほべつメロン」の初競りが13日、苫小牧市公設地方卸売市場で行われた。卸売取引の最高値は、最上級品質「秀」の5玉が前年同額の15万円。この日から苫小牧市内のス...

素材にこだわり カフェ開店 高校生の自習場所にも 池田に複合店舗

 池田町大通6で学習塾や書店、駄菓子店などを経営する「さくらネットワークス合同会社」(片山喜博代表)は、店舗内でカフェ「SORA(そら)」の営業を始めた。素材にこだわったクレープやおにぎり、各種ド...

荘内日報社

バランス取れた食事の大切さ アランマーレ選手ら遊佐小で食育教室

 バレーボールのトップリーグ「大同生命SVリーグ」に所属する「プレステージ・インターナショナル・アランマーレ」(アランマーレ山形)の選手たちが12日、遊佐町の遊佐小学校(梶原勝校長、児童452人)を訪問...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク