全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ベーグルの新商品開発 苫総経マーケティング部と専門店「アソシエ」 黒糖生地ベース 

苫小牧総合経済高校マーケティング部とベーグル専門店のアソシエベーグル(苫小牧市光洋町)が新商品「スマイルベーグル」を共同開発し、23、24の両日、「第38回東胆振物産まつり」の会場(MEGAドン・キホーテ苫小牧3階)で販売する。道産小麦の生地に黒糖を混ぜ込み、クルミとキャラメルチョコチップを加えたほんのり甘いベーグル。部員らは「多くの人に味わってほしい」とアピールする。

23日発売の「スマイルベーグル」をPRする部員ら

 7月から新商品開発に取り組んできた、同部とアソシエベーグル。部員6人が中心となって味や具材を決め、試食を重ねて9月10日に完成させたという。

 風味豊かで、自然な甘みが特徴。沖縄県の波照間島産黒糖の生地をベースに、食感の良いクルミと香ばしいキャラメルチョコチップを練り込んだ。食べた人に笑顔になってほしい―と「スマイルベーグル」と名付けた。

 1個250円(税込み)。物産まつり会場では1日24個を販売予定で、当日は部員たちも店頭に立つ。同部2年生の中尾紫音部長(17)は「幅広い年代の人に食べてほしい」と話す。

 9月に札幌市内で開催予定だった産業フェアでお披露目しようと開発を進めてきたが新型コロナウイルス禍でフェアが中止となり、今回が初登場。26日からはアソシエベーグルで数量限定販売する。

 アソシエベーグルはNPO法人もなみ会が運営する店で、障害者の就労の場として2009年にオープン。もなみ会の総合施設長で同店店長の佐藤嗣有子さん(63)は「若い人たちとの共同作業は刺激的で勉強になり、利用者が働く上で励みにもなっている。ベーグルを通して笑顔を届けたい」と語る。

関連記事

ひな人形900体ユニークに飾る ファッションメールプラザ 苫小牧

苫小牧市表町3の商業施設ファッションメールプラザで3月19日まで、「プラザde雛(ひな)まつり」が開かれている。市民から寄せられたひな人形約900体を、音楽演奏などを表現したポーズで飾り、訪れた人...

民泊「どりふ」開業へ 出張、旅行需要見込む 大樹

 くさかガス設備(大樹町鏡町)を経営する日下昌樹さん(49)は、町内振別146で所有する一般住宅を改修し、民泊「どりふ」を3月中にも開業する。出張や旅行、少年団活動などの需要、「お試し移住」での利...

荘内日報社

松くい虫被害 庄内昨年過去最悪5万5644立方メートル 優先順位に従った駆除必..

 庄内地域のクロマツ林でマツノマダラカミキリ(松くい虫)による被害が広がっており、2023年は鶴岡、酒田、遊佐3市町の国有林・民有林計5万5644立方メートル(材積換算、前年2万2976立方メートル)に及び、過去...

宇部日報社

小野田高生が短編小説作製 地域の魅力を県内外へPR【山陽小野田】

 小野田高(天尾昇一校長)の総合文化部・文芸読書(村上結菜部長)の部員、生徒有志ら13人が、県内を舞台にした短編小説集「LOVE 山口県ショートショート―しあわせみいつけた」を作製した。11市...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク