全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

グリーンスローモビリティ導入 長野県駒ケ根高原で実証実験開始

駒ケ根高原で運行を始めたグリーンスローモビリティに乗り込む乗客

 長野県駒ケ根市は、時速20キロ未満で公道を走ることができる電動車を活用した移動サービス「グリーンスローモビリティ」の実証実験を21日から駒ケ根高原で始めた。菅の台バスセンター、駒ケ池、大沼湖、光前寺の4カ所に停留所を設置し、高原に点在する観光拠点の周遊を促す取り組み。事前予約者を対象に11月3日まで無料運行し、導入の可能性を探る。

 グリーンスローモビリティは環境への負荷が小さく、狭い路地も通行可能なことから観光客の周遊や高齢者の移動手段として注目されている。市は中央アルプスの玄関口となる菅の台周辺にとどまっている観光客の足を確保する目的で導入を検討。国土交通省の「グリーンスローモビリティの活用検討に向けた実証実験支援事業」を活用し、新たな交通システムとして実証実験に着手した。

 実験では菅の台バスセンターと光前寺間の1.8キロを約15分かけて走行。菅の台発と光前寺発の便をそれぞれ毎日8便運行し、菅の台を起点に午後0時5分から4時31分まで各停留所を周回する。

 初日は予約を受けた55人が乗車。ポリカーボネートの透明板とドアで仕切られたベンチシートに腰掛け、乗り心地を確認した。長女が乗り物好きという飯島町飯島の伊井島絵梨さん(39)は家族4人で試乗。「普段は車で移動しているが、のんびり景色を楽しめるのもいい。乗り心地も良かった」と話していた。

 市は実験を通じて乗客の満足度、運行の安全性、周辺施設への効果、交通への影響、費用対効果などを検証し、来年度以降の導入を検討する考え。引き続き専用のサイト(https://coubic.com/gsmk)で乗車予約を受け付けている。問い合わせは市企画振興課(電話0265・83・2111)へ

関連記事

鹿追・然別湖コタン 今年は500円 入場に協賛金

 鹿追町や十勝の風物詩となっている冬のイベント「しかりべつ湖コタン」(実行委、鹿追町主催)が29日午前9時に開幕する。今回からイベント継続を目的に、入場する際の協賛金制度を設けた。  コタンは...

北羽新報社

医療用かつらに使って 能代市の小3男児がヘアドネーション

 病気などで脱毛などに悩む子どもたちの医療用かつらに役立ててもらおうと髪の毛を寄付する「ヘアドネーション」に興味を持ち、2年以上も髪を伸ばしてきた能代市向能代小3年の菅原凜君(8)=同市落合=...

海外の高校生と討論・交流 ディベート世界大会に初出場 大島高校英語部

 鹿児島県奄美市名瀬の県立大島高校英語部(脇本由里香顧問、部員18人)の2年生3人は21~22日、オンラインで開催された「第7回PDA高校生パーラメンタリーディベート世界交流大会」に出場した。1...

長野日報社

「わらいずみ」注文続々 長野県飯島町の南信州米俵保存会に

 大相撲の土俵をはじめわら細工を幅広く手掛ける長野県飯島町の南信州米俵保存会に、ミシュランに掲載される東京のすし店などから特別注文が相次いでいる。特注品は本来炊いた飯を保温するために使うかご「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク