全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

鶴岡「新海町ラジオ体操愛好会」優良団体東北表彰 一日のパワーの源12年間継続 隣接町からも参加地域のつながりにも一役

 鶴岡市の「新海町ラジオ体操愛好会」(黒田新治代表)が2021年度ラジオ体操優良団体等表彰の東北地方表彰を受賞し、かんぽ生命保険など表彰実施者側から20日、賞状と記念品のラジオが贈られた。

ラジオ体操優良団体として東北地方表彰の賞状を受ける黒田代表(右)

 表彰は1956(昭和31)年から始まり、ラジオ体操の普及奨励に寄与した団体、個人を対象に行っている。一定基準を設けて全国、地方、府県単位などに表彰が区分され、同愛好会は2017年度に県表彰を受賞。今回、「体操を始めて5年以上継続、おおむね20人以上参加者、年間100日以上実施、過去に府県表彰受賞」といった基準に該当し、全国42団体の地方表彰の一つに選ばれた。県内では唯一の受賞。

 同愛好会のラジオ体操は、10年から続けられている。黒田代表(74)が新海町町内会の体育部長に就いた時、同市の致道博物館駐車場で毎朝行われている家中新町のラジオ体操を参考に、新海町公園を会場にスタート。当初の町内会から愛好会組織による運営に変更し、隣接するみどり町など他の町内からの参加者もいる。現在は、40―80代の約35人が、5月1日から10月31日まで6カ月間、雨天時を除く毎朝午前6時半から同公園でラジオ体操を行っている。

 表彰式は20日早朝、荒天のため新海町公民館で行われ、約30人が参加。いつも通り定刻のラジオ放送に合わせて体操を行った後、鶴岡みどり町郵便局の工藤圭局長が、表彰実施者のかんぽ生命保険社長、日本放送協会(NHK)会長、NPO法人全国ラジオ体操連盟会長の3者連名の「東北地方表彰」の賞状を、黒田代表に伝達。来賓の新海町の畑山孝一、みどり町の瀬尾忠衛の両町内会長が祝辞を述べ、参加者全員が笑顔で記念写真に納まった。

 東北地区表彰受賞に、黒田代表は「ラジオ体操を通して地域の人々がつながり、元気になろうと始めた。多くの人がそれぞれの自由な意思で喜んで参加していることが12年間継続できている理由であり、表彰は参加している皆さんの力。他の町内の人たちからもびっくりされている。これからも心と体の元気のため、きょう一日のパワーをもらうため、ラジオ体操をみんなで続けていきたい」と話した。

表彰式を前に、ラジオ体操をする愛好会のメンバー

関連記事

北羽新報社

甘くみずみずしく 能代市で「白神きゃべつ」収穫盛ん

 能代市で、初夏取りキャベツの収穫が行われている。JAあきた白神によると「今年は玉のそろいが良く、収穫は順調に進んでいる」といい、現在は作業が終盤。各地の農家が梅雨空の中で汗を流している。新たに...

宇部日報社

厚狭秋まつりで披露されている古式行事を体験する会

 山陽小野田市の無形民俗文化財で、厚狭秋まつり(11月)で披露されている古式行事を体験する会が25日、厚狭地区複合施設体育館で開かれた。厚狭小の放課後子ども教室の1~6年生24人が参加。独特の踊...

長野日報社

養蚕 高品質な繭へ「上蔟」作業 長野県岡谷市

養蚕や桑栽培に取り組む長野県岡谷市川岸上の三沢区民農園は27日、飼育してきた春蚕4万頭の上蔟を同農園の蚕室で行った。十分に成熟して繭糸を吐き出すタイミングになった蚕を、繭を作らせるための蔟に移...

個性豊かな凧、大空へ 3年ぶり、全国から愛好家や市民集う 石垣島凧あげ交流..

 2022年第20回石垣島凧あげ交流会第10回全国シャクシメー大会(石垣島凧あげ大会実行委員会主催)が26日、南ぬ浜町人工ビーチで開催された。全国からの愛好家や地元の子どもたちら約150人が参加し、夏至南風...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク