全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

紀州材原木祭 「ウッドショック」で高値

田辺木材共販所で開かれた第4回紀州材原木祭(20日、和歌山県上富田町生馬で)

 和歌山県上富田町生馬の西牟婁森林組合田辺木材共販所で20日、紀州材をPRする「紀州材原木祭」があった。紀南地方で伐採された樹齢60~120年の良材が出品され、県内外から訪れた約60人の買い手が、次々と競り落とした。世界的に木材価格が高騰している「ウッドショック」の影響もあり、ヒノキは前年比で8割近く値上がりした。

 西牟婁森林組合、龍神村森林組合、紀南流域林業活性化センター(西地区)、林業成長産業化運営協議会の4団体が年1回開催しており、今回で4回目。
 田辺木材共販所によると、この日の取扱量は近隣の森林組合や民間の素材業者から出材されたヒノキ約800立方メートル、スギ約600立方メートルの計約1400立方メートルで、前年より約200立方メートル少なかった。
 1立方メートル当たりの平均単価は全体で約2万500円で、前年比70・8%(8500円)増。ヒノキは約2万5千円で同78・6%(1万1千円)増、スギは約1万6千円で同60%(6千円)増だった。
 6日には龍神村森林組合龍神木材共販所(田辺市龍神村東)でも紀州材原木祭があり、1立方メートル当たりの平均単価はヒノキ約2万4500円、スギ約1万5千円だった。  田辺木材共販所の打越仁所長(53)は「コロナ禍で外材の輸入が減り、代替品として国産材が使われたウッドショックの影響が多少残っている。特にヒノキを中心に強含みの取引がなされ、スギは横ばいだったが、ほぼ完売した。全体的には活気のある原木祭になった」と話した。

関連記事

長野日報社

東京修学旅行再開 長野県諏訪市豊田小6年生に同行

 新型コロナウイルス感染症の影響で、ここ数年、長野県外から県内へ行き先が変更されるケースが相次いだ小中高校の修学旅行。感染状況が全国的に下火になっていることを受け、諏訪地域の学校では行き先を県...

紀伊民報社

大学生が3年ぶり「海の家」オープン

 和歌山県田辺市の田辺扇ケ浜海水浴場で、関西大学の学生が「海の家」を運営する。新型コロナウイルス禍で休止していたため、3年ぶり。7月9日のオープンに向け、準備を進めている。  関西大は市と地域活...

荘内日報社

「万里の松原に親しむ会」農水大臣賞

 全国森林レクリエーション協会(東京都、三浦雄一郎会長)が制定する本年度の「森林レクリエーション地域美しの森づくり活動コンクール」で、酒田市の環境保全ボランティア団体「万里の松原に親しむ会」(三浦...

大樹の「宇宙観光」連携 日本旅行と町、スペースコタン

 日本旅行(東京)、大樹町、SPACECOTAN(スペースコタン、同町)の3者は7月、宇宙のまちづくりをテーマにパートナーシップ協定を締結する。日本旅行のノウハウを生かし「宇宙観光」を振興する。7...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク