全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

新米使ったきりたんぽ作り盛ん 能代山本の加工所

心を込めてきりたんぽを作る業者のスタッフ

 能代山本の食品加工業者や農業法人などで、新米を使ったきりたんぽ作りが盛んに行われている。それぞれこだわりを持って製造に励み、加工所内は香ばしさで充満。地元住民や遠方に住む出身者の需要を獲得しており、郷土の味として多くの人を喜ばせている。
 水稲17㌶をメインに経営している能代市吹越の佐藤ファーム(佐藤雄樹代表取締役)は、冬場の収益を確保しようと、10年以上前からきりたんぽの製造に取り組んでいる。
 きりたんぽは、あきたこまちとめんこいなをブレンド。あきたこまちだけだと粘りが強過ぎるといい、試行錯誤して配合を見いだしたという。
 今年は1日から製造を開始し、ほぼ毎日のように作業。炊飯後に練り、棒に巻き付けて機械で焼き上げる工程を、代表取締役の佐藤さん(43)、社員、パートの5人体制で手際良く進め、加工場内は香ばしさに包まれている。ピーク時の年末は早朝から夕方にかけて1日に1500本~2千本を焼き上げるが、現在は午前に100~200本ほどを製造している。
 佐藤さんによると、何年もきりたんぽを作り続けてきたパートの女性たちの「手の案配が良い」ことに加え、遠赤外線で炭火のように焼き上げることもあり、「崩れにくく、ふわっと仕上がる」のが特徴。市内の料亭などの飲食店や個人客などに販売し、常連客をつかんでいる。
 昨年は新型コロナウイルスの影響で飲食店の需要が鈍ったものの、地方発送のニーズが好調で、売り上げはほとんど変わらなかったという。今年の“たんぽシーズン”に向けては「きりたんぽは宴会の需要が多い。世の中が動いて、飲食店の客足が戻ることを期待している」と話していた。
 きりたんぽは、同社や同市住吉町の直売所みずほで注文を受け付けている。1本税込み110円。

関連記事

北羽新報社

甘くみずみずしく 能代市で「白神きゃべつ」収穫盛ん

 能代市で、初夏取りキャベツの収穫が行われている。JAあきた白神によると「今年は玉のそろいが良く、収穫は順調に進んでいる」といい、現在は作業が終盤。各地の農家が梅雨空の中で汗を流している。新たに...

宇部日報社

厚狭秋まつりで披露されている古式行事を体験する会

 山陽小野田市の無形民俗文化財で、厚狭秋まつり(11月)で披露されている古式行事を体験する会が25日、厚狭地区複合施設体育館で開かれた。厚狭小の放課後子ども教室の1~6年生24人が参加。独特の踊...

長野日報社

養蚕 高品質な繭へ「上蔟」作業 長野県岡谷市

養蚕や桑栽培に取り組む長野県岡谷市川岸上の三沢区民農園は27日、飼育してきた春蚕4万頭の上蔟を同農園の蚕室で行った。十分に成熟して繭糸を吐き出すタイミングになった蚕を、繭を作らせるための蔟に移...

個性豊かな凧、大空へ 3年ぶり、全国から愛好家や市民集う 石垣島凧あげ交流..

 2022年第20回石垣島凧あげ交流会第10回全国シャクシメー大会(石垣島凧あげ大会実行委員会主催)が26日、南ぬ浜町人工ビーチで開催された。全国からの愛好家や地元の子どもたちら約150人が参加し、夏至南風...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク