全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

岩波書店会長、随筆家、文人画家 長野県茅野市で小林勇展覧会

「冬青 小林勇展」で披露されている巻物(中段)と小松美沙子さん

 長野県茅野市のJR茅野駅前ベルビア2階にある画廊みやこ美術で、旧赤穂村(現駒ケ根市)出身で、岩波書店会長を務め、随筆家、文人画家・冬青として多くの作品を残した小林勇(1903~81年)の展覧会が開かれている。長女小松美沙子さん(84)=東京都=が管理する作品から、温かみのある花や野菜の墨彩画など36点を展示している。27日まで。

 小林は農家の5男として生まれ、17歳で上京し岩波書店に入店。創業者で諏訪市出身の岩波茂雄を敬愛し、信頼された。岩波の次女小百合さんと結婚し、美沙子さんは孫にあたる。雅号をもらった幸田露伴をはじめ斎藤茂吉、寺田寅彦など大勢の作家や芸術家と親交を持った。39歳になって文人画を独習した。

 同画廊での展示は2年ぶりで没後40年を記念して企画。展示品の中には、終戦の翌年亡くなった岩波を慕って一周忌を過ぎても大勢の人が花や供物をささげに訪れる姿に感動した小林が、岩波書店の支配人として戦後の混乱期を戦う中でも、その記録を記した8枚の絵を1本の巻物に仕立てた、初披露の「『偲』岩波茂雄」もある。ツバキ、ユリ、ビワ、ナス、インゲンなどの絵に来訪者の名前や日時などが記されている。小林が見舞客から露伴の病状悪化を聞き翌朝、息子と見舞いに行くことをつづった文も。露伴はこの7日後に亡くなった。

 展覧会を訪れた美沙子さんは「父は人々の気持ちと同時に自分の思いも込めている。露伴先生と岩波茂雄、この偉大な2人と深く関わった小林勇、3人の関係をこの巻物は示している。展覧会を終えたら、ゆかりのある風樹文庫(諏訪市)に寄贈したい」と話した。木曜定休。入場無料。

関連記事

大樹の「宇宙観光」連携 日本旅行と町、スペースコタン

 日本旅行(東京)、大樹町、SPACECOTAN(スペースコタン、同町)の3者は7月、宇宙のまちづくりをテーマにパートナーシップ協定を締結する。日本旅行のノウハウを生かし「宇宙観光」を振興する。7...

北羽新報社

甘くみずみずしく 能代市で「白神きゃべつ」収穫盛ん

 能代市で、初夏取りキャベツの収穫が行われている。JAあきた白神によると「今年は玉のそろいが良く、収穫は順調に進んでいる」といい、現在は作業が終盤。各地の農家が梅雨空の中で汗を流している。新たに...

宇部日報社

厚狭秋まつりで披露されている古式行事を体験する会

 山陽小野田市の無形民俗文化財で、厚狭秋まつり(11月)で披露されている古式行事を体験する会が25日、厚狭地区複合施設体育館で開かれた。厚狭小の放課後子ども教室の1~6年生24人が参加。独特の踊...

長野日報社

養蚕 高品質な繭へ「上蔟」作業 長野県岡谷市

養蚕や桑栽培に取り組む長野県岡谷市川岸上の三沢区民農園は27日、飼育してきた春蚕4万頭の上蔟を同農園の蚕室で行った。十分に成熟して繭糸を吐き出すタイミングになった蚕を、繭を作らせるための蔟に移...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク