全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

今季の諏訪湖ワカサギ漁と釣り 資源確保で3季ぶり規制

今季の諏訪湖のワカサギ釣りについて、3季ぶりに規制を行うことを決めた連絡会議

 長野県諏訪地域振興局農業農村支援センターは19日、諏訪湖のワカサギ資源の確保を目的に今季の漁と釣りの対応を協議する連絡会議を諏訪市渋崎の諏訪湖漁業協同組合で開いた。9月現在の推定資源尾数が過去5年間の同期平均推定値の約4割にとどまっていることから、資源尾保護のため3季ぶりに規制を行うことを確認。釣り舟の釣り時間を制限し、投網量を週1回1時間に限る。出席した24人が同意した。

 県水産試験場諏訪支場(下諏訪町)によると、同月28日に実施した魚群探知機による資源量調査での推定尾数は1510万尾。遡上不足により今春の放流卵が1.2億粒と例年の7分の1ほどだったことなどの影響があり、過去5年間の9月の平均推定値3681万尾を大きく下回った。同月24日の試験獲りの結果では、個体の体重、体長ともに過去5年間の平均より大型となっており、平均体重は3.5グラム、平均体長は66.4ミリだった。

 諏訪湖釣舟組合や一般の釣り人の釣り時間は、午前7時~午後3時30分。釣り量の上限は設けない。期間は12月1日~来年5月31日。釣舟組合の中澤滋組合長は「組合としては影響はないが、ワカサギが少ないのが心配。お役に立つことがあれば協力したい」と話した。採卵事業に伴う禁漁区は昨年に引き続き、上川、島崎川河口域に設ける。

 漁協の武居薫組合長は「来年のために資源尾を確保するため、漁師には我慢してもらう。釣り人にも節度をもって釣りを楽しんでほしい」と協力を呼び掛けた。

関連記事

長野日報社

関東甲信 過去最速梅雨明け 諏訪地方もスッキリ青空 長野県

気象庁は27日、長野県を含む関東甲信地方が梅雨明けしたとみられると発表した。1951年の統計開始以来最も早く、平年より22日、昨年より19日早い。梅雨明けまでの期間は21日と過去最短だった。 ...

紀伊民報社

「野球始めるきっかけに」 元阪神・濱中さんが教室

 田辺市出身で元プロ野球選手の濱中治さん(43)が25日、和歌山県上富田町朝来の上富田スポーツセンターで野球教室を開いた。  濱中さんは5月、野球独立リーグ「和歌山ファイティングバーズ」のゼネラ...

荘内日報社

女子プロレス・ディアナ庄内大会 同郷の井上選手らとタッグ戦

佐藤選手 古里・庄内町で凱旋試合  庄内町余目出身の女子プロレスラー・佐藤綾子選手(36)の凱旋(がいせん)興行「ワールド女子プロレス・ディアナ庄内大会」が25日、同町総合体育館で行われた。メインイベ...

厚真神社お披露目 復旧した姿に笑顔 鎮守の杜マルシェ

胆振東部地震で社務所や鳥居などが大きな被害を受けた厚真神社の復旧をお披露目するイベント「鎮守の杜(もり)マルシェ」が24、25両日、同神社で開かれた。神事の茅の輪くぐりや手水舎(ちょうずや)に花々...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク