全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「後輩の助けになれば」 センバツ出場OB 九州大会遠征費を寄付  大島高校野球部

大島高校野球部の武田主将へ寄付金の目録を手渡すOBの重原龍成さん(前列左から2人目)。前列左は当時の副主将・泊慶悟コーチ=17日、鹿児島県奄美市名瀬(提供写真)

 2014年春の選抜高校野球大会に21世紀枠で出場した鹿児島県立大島高校(奄美市名瀬)の野球部OB(66、67回卒)は17日、母校の野球部へ寄付金の目録を贈った。当時の主将だった重原龍成さん(25)が奄美市名瀬運動公園市民球場で練習する後輩たちのもとを訪れ、武田涼雅主将に手渡した。

 同高校野球部は、9月25日に鹿児島市で開幕した第149回九州地区高校野球大会鹿児島県予選で初優勝。離島勢初の県制覇と12季ぶり3回目の九州大会出場を決めた。

 重原さんらは同部が初の決勝進出を決めた際に寄付金を集めようと計画。歴代野球部OBでつくる安陵球児会の前里佐喜二郎会長と、選抜出場のチームを率いた前監督の渡邉恵尋さんの助言もあり、当時のチームメイトに声を掛けて賛同を得た。目録は当時の保護者会と連名。

 重原さんは「連泊で経済的な負担が大きいことは経験から知っている。当時お世話になった方々へ恩返しの意も込め、後輩たちの助けになればと考えた」と語り、「周囲の期待もあるだろうが、子どもたちにはただ、野球を楽しんで、自分たちの目標に向かって一生懸命頑張ってもらえたら」と話していた。

 塗木哲哉監督は「遠征費は多額。本当にありがたい。九州も一戦一戦きっちり戦っていきたい」と感謝。

 武田主将は「応援していただいている分、地域の方に恩返しの気持ちで甲子園を決めたい」と力を込めた。

 九州大会は11月6~12日、鹿児島市で開催。組み合わせ抽選会は10月29日に同市の白波スタジアム会議室で行われる。

 寄付金は月末まで募り、九州大会へ出発する前に野球部に手渡す予定。

関連記事

荘内日報社

「いじめのない学校づくり」発信!! 三川・東郷小運営委員会 オリジナル演劇..

 三川町の東郷小学校(海藤陽子校長、児童122人)の児童が、いじめ問題に取り組んでいる。6年生の運営委員が中心となり、オリジナルの「いじめ演劇」を作って全校児童を前に発表。劇を見た感想を求めるなどして...

紀伊民報社

駐日トルコ大使が初来県 就任後初の公式訪問

 トルコのコルクット・ギュンゲン駐日大使(53)が20日、就任後初の公式訪問で来県した。県立博物館(和歌山県和歌山市)で、約130年前に串本町の樫野崎沖で沈没したトルコ軍艦エルトゥールル号によっ...

池田のお店動画 注目道内一 裏メニュー紹介や店内突撃

 池田町商工会(平井昌行会長)が動画共有サイトYouTube(ユーチューブ)https://wwwyoutubecom/channel/UCTcTkRYf6sKkLzeuAqUVcuwの公式チャンネルを活用し、町内事業者を紹介する動画を配信している。...

宇部日報社

大寒に合わせ山陽小野田市の妙徳寺で寒行

 一年で最も寒さが厳しいとされる二十四節気の一つ「大寒」の20日に合わせて、山陽小野田市野中にある妙徳寺(荒川英良住職)で寒行と祈願回りが始まった。29日までの毎晩、檀家(だんか)の人たちが市内...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク