全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

長野県茅野市の土石流重機ボランティア 最終日に花壇づくり

重機ボランティアが最終日に作った茅野市章を表した花壇=茅野市高部の乞食塚

茅野市高部の土石流災害で、発災2日目から1カ月半にわたり活動してきた重機ボランティアの活動が18日、最終日を迎えた。最終日に合わせ、当初から関わってきたメンバーが高部の下馬沢(げばさわ)川右岸にある「乞食塚(こじきづか)」前に花壇を作った。ビオラとパンジーで茅野市章を表した小さな花壇に、復興しない被災地はない―と、エールの気持ちを込めた。住民たちは「花を見ると救われる」と、思いがけない”プレゼント”を喜んでいる。

花苗は、長野・山梨にまたがる八ケ岳南西麓の花や野菜の生産者でつくる「八ケ岳グリーンネットワーク」が育てたもの。同会員を主体に重機で災害支援に当たる「チーム八ケ岳」が結成され、高部の災害にも支援に入った。同メンバーで、重機ボランティアとして週末を中心に参加してきた南條登さん(62)=山梨県北杜市=が花苗を届けた。

同グループは東日本大震災をきっかけに、福島県や熊本県などの被災地に年間1万ポット以上の花苗を贈り続けている。南條さんは「重機の支援はここで終わるが、花の支援はこれから。また持ってきたい。花を喜ぶ姿を見ることは生産者にとっても楽しみなこと」と話した。

3日間の日程で活動したNPO法人国際ボランティア学生協会イビューサの学生4人も花壇作りに参加。リーダーの矢澤成珠(なるみ)さん=東洋大4年生=は「住民の『がれきより花が見たい』『ありがとう』の言葉を聞き、来たかいがあった」と笑顔だった。

学生たちは、乞食塚の近くにある、矢崎太巻さん(68)、庸子さん(65)夫妻の土地にも余った花苗を植えた。災害前には一面にマリーゴールドが咲いていた場所といい、庸子さんは「やっぱり花はオアシスですね。すごくうれしい。ここに、また花を増やしていきたい」と前を向いていた。

関連記事

八重山の味つたえ隊 JICA研修員に家庭料理

 国際協力機構(JICA)の研修員受け入れ事業が17日、森井農園(森井一美代表)=宮良仲田原=で行われ、「南の島々から八重山の味つたえ隊」(上原かよ子隊長、10人)がアフリカのマダガスカルとブルキ...

釧路新聞社

鶴居産野菜 フレッシュジュースに つるぼーの家、規格外活用【鶴居】

 【鶴居】鶴居たんちょうプラザ「つるぼーの家」(運営・村振興公社)は毎週土、日曜の朝限定で、鶴居産の野菜を使った「モーニングフレッシュジュース」の販売を始めた。野菜は店頭に出せない規格外品を使用し...

長野日報社

ブルーベリー40種摘み取り 観光農園あすオープン 長野県原村

 長野県原村払沢にブルーベリー観光農園「原村の山麓ブルーベリー農園」が20日、オープンする。横浜市から新規就農した清水裕介さん(69)=払沢=が、耕作放棄地を自身で開拓するなど3年ほどかけて準備し...

紀伊民報社

心安らぐピンク色の花 大賀ハス咲き始める

 和歌山県上富田町岡の田中神社近くにあるハス田で、大賀ハスの花が咲き始めた。世話をするグループによると、7月中旬ごろまで見ることができるのではないかという。  大賀ハスは、1951年に植物学者の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク