全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

的当て「やったー」 中村選手と交流 多彩にスポーツ 鶴岡市子ども夢フェス アーチェリーやボッチャ楽しく体験

 鶴岡市の「子ども夢スポーツフェスティバルin鶴岡2021」が17日、市小真木原総合体育館で開かれた。子どもたちが、先の東京2020オリンピックアーチェリーで活躍した同市出身の中村美樹選手との交流やアーチェリー、ボッチャの体験など多彩なスポーツイベントを楽しんだ。

「おもーい」。中村選手(右)の弓を引く小学生

 「スポーツの日」に合わせ、市と市教育委員会などが毎年、子どもたちの心身の健康づくりとスポーツの普及などを狙いに開催。2018年と19年は台風、20年は新型コロナウイルスの影響でいずれも中止になり、今回は4年ぶり。新型コロナ対策で会場とオンラインで双方のプログラムが企画された。

 このうち会場のアーチェリー体験は小学4―6年生を対象に2回実施。1回目では14人が市アーチェリー協会員の指導で3―5メートルほどの距離から的に打ち、的に当たると、「やったー」などと喜んだ。その後、中村選手が18メートルの距離から模範演技を披露。放った3本の矢全てを直径4センチの10点に当てた上、指示された色の風船も打ち抜くと、「すごい」の歓声が上がった。子どもたちは「引く力は20キロほど必要」という中村選手の弓を引かせてもらった。

 伊藤瑚呼さん(12)=朝四小6年=は「東京五輪で中村選手の活躍を見て、かっこいいと思った。今日は、最初は的に当たらなかったが、慣れてきて当たるようになり、うれしかった」、中村選手の弓を引かせてもらった冨樫駿太君(11)=朝三小5年=は「ものすごく重かった。体験では的の真ん中に当たると気持ち良く、これからもやってみたい」と話した。

 そのほか、会場では東京2020パラリンピックでおなじみとなったボッチャの大会、東京学芸大の佐藤善人准教授によるACP(アクティブ・チャイルド・プログラム)、オンラインでは中村選手のトーク、「足が速くなる」「キッズヨガ」など4テーマによる教室などが行われた。

関連記事

紀伊民報社

返礼品に「一日駅長」 車内放送も体験 すさみ町

 和歌山県のすさみ町とJR西日本、日本旅行は14日、すさみ町のふるさと納税の返礼品として、町内にある周参見駅での「一日駅長体験」を共同企画したと発表した。3人限定で、寄付額は50万円と設定。「リ...

全国温泉サミットin虎杖浜 魅力発信 知名度向上へ 来月7日から 白老

白老町の虎杖浜温泉ホテル駐車場を会場に7月7日から3日間開催される「全国温泉サミットin虎杖浜温泉」(日本源泉かけ流し温泉協会主催)まで、1カ月を切った。同協会に加盟する温泉、浴場関係者が全国から...

ヨーカドーと思い出づくり 帯広店で地域挙げ稲田まつり

 今月末で閉店するイトーヨーカドー帯広店の駐車場で15日、「稲田まつり」が開かれた。キッチンカーや縁日が並び、来場者は楽しい思い出とともにヨーカドーの姿を目に焼き付けた。  地域住民らでつく...

荘内日報社

漁火照らす港でゆったり 酒田 能登被災者応援イベント

 今年元日の能登半島地震で被災した石川県内の漁業者支援を目的にしたチャリティーイベント「第1回酒田港漁火(いさりび)まつり」が14日夕、酒田市の酒田港東ふ頭交流施設「SAKATANTO(サカタント)」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク