全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

的当て「やったー」 中村選手と交流 多彩にスポーツ 鶴岡市子ども夢フェス アーチェリーやボッチャ楽しく体験

 鶴岡市の「子ども夢スポーツフェスティバルin鶴岡2021」が17日、市小真木原総合体育館で開かれた。子どもたちが、先の東京2020オリンピックアーチェリーで活躍した同市出身の中村美樹選手との交流やアーチェリー、ボッチャの体験など多彩なスポーツイベントを楽しんだ。

「おもーい」。中村選手(右)の弓を引く小学生

 「スポーツの日」に合わせ、市と市教育委員会などが毎年、子どもたちの心身の健康づくりとスポーツの普及などを狙いに開催。2018年と19年は台風、20年は新型コロナウイルスの影響でいずれも中止になり、今回は4年ぶり。新型コロナ対策で会場とオンラインで双方のプログラムが企画された。

 このうち会場のアーチェリー体験は小学4―6年生を対象に2回実施。1回目では14人が市アーチェリー協会員の指導で3―5メートルほどの距離から的に打ち、的に当たると、「やったー」などと喜んだ。その後、中村選手が18メートルの距離から模範演技を披露。放った3本の矢全てを直径4センチの10点に当てた上、指示された色の風船も打ち抜くと、「すごい」の歓声が上がった。子どもたちは「引く力は20キロほど必要」という中村選手の弓を引かせてもらった。

 伊藤瑚呼さん(12)=朝四小6年=は「東京五輪で中村選手の活躍を見て、かっこいいと思った。今日は、最初は的に当たらなかったが、慣れてきて当たるようになり、うれしかった」、中村選手の弓を引かせてもらった冨樫駿太君(11)=朝三小5年=は「ものすごく重かった。体験では的の真ん中に当たると気持ち良く、これからもやってみたい」と話した。

 そのほか、会場では東京2020パラリンピックでおなじみとなったボッチャの大会、東京学芸大の佐藤善人准教授によるACP(アクティブ・チャイルド・プログラム)、オンラインでは中村選手のトーク、「足が速くなる」「キッズヨガ」など4テーマによる教室などが行われた。

関連記事

荘内日報社

「いじめのない学校づくり」発信!! 三川・東郷小運営委員会 オリジナル演劇..

 三川町の東郷小学校(海藤陽子校長、児童122人)の児童が、いじめ問題に取り組んでいる。6年生の運営委員が中心となり、オリジナルの「いじめ演劇」を作って全校児童を前に発表。劇を見た感想を求めるなどして...

紀伊民報社

駐日トルコ大使が初来県 就任後初の公式訪問

 トルコのコルクット・ギュンゲン駐日大使(53)が20日、就任後初の公式訪問で来県した。県立博物館(和歌山県和歌山市)で、約130年前に串本町の樫野崎沖で沈没したトルコ軍艦エルトゥールル号によっ...

池田のお店動画 注目道内一 裏メニュー紹介や店内突撃

 池田町商工会(平井昌行会長)が動画共有サイトYouTube(ユーチューブ)https://wwwyoutubecom/channel/UCTcTkRYf6sKkLzeuAqUVcuwの公式チャンネルを活用し、町内事業者を紹介する動画を配信している。...

宇部日報社

大寒に合わせ山陽小野田市の妙徳寺で寒行

 一年で最も寒さが厳しいとされる二十四節気の一つ「大寒」の20日に合わせて、山陽小野田市野中にある妙徳寺(荒川英良住職)で寒行と祈願回りが始まった。29日までの毎晩、檀家(だんか)の人たちが市内...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク