全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

美大へビッグな挑戦 広瀬牧場の壁に牛 帯広三条高・大道さん

 帯広市内の広瀬牧場(豊西町)に、牛を描いた巨大な壁画がお目見えした。縦3メートル、横15メートルほどで、牛舎で暮らす本物の乳牛をはるかに超えるサイズで存在感を放っている。作品を手がけたのは、帯広三条高校3年の大道彩瑚(あこ)さん(18)。7月末に制作を始め、たった1人で完成させた。

壁いっぱいに描かれた牛と大道さん

 彩瑚さんは美術大学への進学を目指す市内在住の受験生。制作のきっかけは、彩瑚さんの母千春さん(48)と同牧場を営む広瀬靖史さん(49)が高校時代の同級生だったこと。広瀬さんも受験生の子がおり、親同士で受験の話をしているうちに、彩瑚さんが美大を目指していることを知った。

 屋外で過ごす牛の風よけとして設置したトタンの壁を殺風景に感じていた広瀬さん。これほど大きな“キャンバス”に絵を描くというのは、貴重な経験になるのではないかと思い立ち、「大きな壁に絵を描いてみないか」と千春さんを通じて提案し、二つ返事で彩瑚さんが応じた。

 予備校を二つ掛け持ちし、模擬試験で忙しい中をやりくりして牧場に足を運んだ。もともとは牛と月をモチーフにした絵をイメージしていたが、「人にどう伝わるかを一番に考える」という信条から、そのものずばりの牛を画面いっぱいに描くことに路線変更。「牛の力強さ」をテーマに、油性ペンキで大胆に仕上げた。

作品を手がけた大道さん

 完成した作品を前に彩瑚さんは「こんなに大きな作品を作れるとは。制作を通じて勉強ができた」と振り返る。広瀬さんは「スラスラと描いていて、感覚や発想がすごいと思った」と目を丸くした。将来はデザインの仕事をしたいと夢を描く彩瑚さん。「実現に向けて糧になった」と力作の前で胸を張った。

関連記事

助け合って生活 豊丘地区の住民生活実態調査結果 高齢化で交通面に不安 旭川大..

旭川大学の学生は24日、厚真町豊丘地区の住民に実施した生活実態調査の報告会をオンラインで行った。保健福祉学部コミュニティ福祉学科の2年生30人が、農地継承や後期高齢者の現状などについて、画面越しに...

先週コロナ急拡大 十勝192人 帯広153人

 道は24日、先週(16~22日)の市町村別新型コロナウイルス感染者数を公表した。十勝管内は192人で、先々週(9~15日)の43人から急拡大。帯広は153人で昨年8月22~28日以来の100人超...

宇部日報社

全国学校給食週間、小学校で昭和30年代のメニュー

 宇部市内の全公立小・中学校36校は、食べ物の大切さや、給食が多くの人に支えられていることを考えてもらう機会にしようと、24日から28日までの全国学校給食週間に合わせて特別メニューなどを展開して...

みずみずしい純白の花  珍種シロバナヒカンザクラ咲く 奄美市

 鹿児島県奄美市名瀬大熊の県道81号沿いで珍種のシロバナヒカンザクラが開花し、みずみずしい純白の花が通行人の目を和ませている。  満開を迎えているのは県道沿い3カ所の合計5本。辺りでは濃いピン...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク