全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

美大へビッグな挑戦 広瀬牧場の壁に牛 帯広三条高・大道さん

 帯広市内の広瀬牧場(豊西町)に、牛を描いた巨大な壁画がお目見えした。縦3メートル、横15メートルほどで、牛舎で暮らす本物の乳牛をはるかに超えるサイズで存在感を放っている。作品を手がけたのは、帯広三条高校3年の大道彩瑚(あこ)さん(18)。7月末に制作を始め、たった1人で完成させた。

壁いっぱいに描かれた牛と大道さん

 彩瑚さんは美術大学への進学を目指す市内在住の受験生。制作のきっかけは、彩瑚さんの母千春さん(48)と同牧場を営む広瀬靖史さん(49)が高校時代の同級生だったこと。広瀬さんも受験生の子がおり、親同士で受験の話をしているうちに、彩瑚さんが美大を目指していることを知った。

 屋外で過ごす牛の風よけとして設置したトタンの壁を殺風景に感じていた広瀬さん。これほど大きな“キャンバス”に絵を描くというのは、貴重な経験になるのではないかと思い立ち、「大きな壁に絵を描いてみないか」と千春さんを通じて提案し、二つ返事で彩瑚さんが応じた。

 予備校を二つ掛け持ちし、模擬試験で忙しい中をやりくりして牧場に足を運んだ。もともとは牛と月をモチーフにした絵をイメージしていたが、「人にどう伝わるかを一番に考える」という信条から、そのものずばりの牛を画面いっぱいに描くことに路線変更。「牛の力強さ」をテーマに、油性ペンキで大胆に仕上げた。

作品を手がけた大道さん

 完成した作品を前に彩瑚さんは「こんなに大きな作品を作れるとは。制作を通じて勉強ができた」と振り返る。広瀬さんは「スラスラと描いていて、感覚や発想がすごいと思った」と目を丸くした。将来はデザインの仕事をしたいと夢を描く彩瑚さん。「実現に向けて糧になった」と力作の前で胸を張った。

関連記事

北羽新報社

二ツ井小児童が枝打ち体験 楽しみながら山の手入れ 能代市

 能代市二ツ井小(安井敦子校長)の3年生が18日、同市二ツ井町梅内の山林で枝打ちなど杉林の育成作業を体験した。児童たちは、木材として利用できるほどの大きな木に成長するには長い時間がかかり、枝打ちな...

7月に「三河赤引糸」を伊勢神宮へ奉納 新城の養蚕農家・滝本さん

 新城市出沢の養蚕農家滝本雅章さん(72)が、繭を出荷した。絹糸にし「三河赤引糸」として7月4日に伊勢神宮に奉納する。  奥三河地方では約1300年前から蚕を育て、絹糸を伊勢神宮に奉納していた...

八重山の味つたえ隊 JICA研修員に家庭料理

 国際協力機構(JICA)の研修員受け入れ事業が17日、森井農園(森井一美代表)=宮良仲田原=で行われ、「南の島々から八重山の味つたえ隊」(上原かよ子隊長、10人)がアフリカのマダガスカルとブルキ...

釧路新聞社

鶴居産野菜 フレッシュジュースに つるぼーの家、規格外活用【鶴居】

 【鶴居】鶴居たんちょうプラザ「つるぼーの家」(運営・村振興公社)は毎週土、日曜の朝限定で、鶴居産の野菜を使った「モーニングフレッシュジュース」の販売を始めた。野菜は店頭に出せない規格外品を使用し...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク