全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

ヤクルトが小森選手に指名のあいさつ

ドラフト会場入館IDを手にする小森選手(左から2人目、宇部工高で)

 11日のプロ野球ドラフト会議でヤクルトから4位指名された宇部工高の小森航大郎選手(3年)が16日、同校で球団スカウトから指名のあいさつを受けた。「球団の方とお会いし、徐々に実感が湧き始めた。1番ショートで勝負できる選手を目指す」と意気込んでいる。     橿渕(かしぶち)聡スカウトデスク(47)と押尾健一スカウト(50)が訪問。上位指名に至った経緯や今後のスケジュールを小森選手に伝え、高津臣吾監督(52)が「神宮で会おう」と書き込んだドラフト会議のIDパスカードを手渡した。     橿渕スカウトデスクは小森選手に対し、足の速さとパワフルなバッティングを評価。加えて、類いまれなリーダーシップと人間性、野球に取り組む姿勢が、必ずチームに良い影響を与えると称賛した。     ヤクルトでは左打ちの内野手が多く、右の遊撃手は希少性が高いと強調。「将来的には走攻守すべてにおいてチームをけん引する存在に」と期待を寄せた。また、入団後の方針については3年間育成し、4年後には1軍定着を目指すプランだという。     ドラフト後、小森選手の元には1500件を超える祝福のメールが届いた。「多くの人に応援していただき感謝。謙虚に、ひたむきに泥臭く野球と向き合い、一日も早くファンの皆さんに1軍で活躍する姿を見てもらいたい。そしていずれは世界一のショートに」と決意を表明。プロの舞台でもまずは地に足を着け、大きな夢への土台を築いていく。     順調に交渉が進めば11月中旬に仮契約し、12月10日に東京で行われる新入団発表会見に臨む。

関連記事

荘内日報社

日本酒「寒造り」最盛期に入る 庄内の各酒蔵

 庄内の各酒蔵で、日本酒の「寒造り」が最盛期に入った。  寒造り(寒仕込み)は、余計な雑菌の繁殖が抑えられる冬場に行われる。もろみをゆっくり発酵させることで良質な酒に仕上がる。かつて酒は「...

紀伊民報社

イチゴ狩りキャンセル相次ぐ コロナ拡大、体験観光に影響

 新型コロナウイルスの感染拡大が、南部梅林(和歌山県みなべ町)の開園中止など御坊・日高の観光に影響を及ぼしている。観光農園などの体験型観光でもキャンセルが相次ぎ、関係者は落胆の表情を浮かべている...

助け合って生活 豊丘地区の住民生活実態調査結果 高齢化で交通面に不安 旭川大..

旭川大学の学生は24日、厚真町豊丘地区の住民に実施した生活実態調査の報告会をオンラインで行った。保健福祉学部コミュニティ福祉学科の2年生30人が、農地継承や後期高齢者の現状などについて、画面越しに...

先週コロナ急拡大 十勝192人 帯広153人

 道は24日、先週(16~22日)の市町村別新型コロナウイルス感染者数を公表した。十勝管内は192人で、先々週(9~15日)の43人から急拡大。帯広は153人で昨年8月22~28日以来の100人超...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク