全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「毎年同じサシバが飛来」  崎原小中  国際サミットで観察結果発表 奄美市

国際サシバサミットで発表する崎原小中学校の児童生徒ら=17日、鹿児島県奄美市名瀬

 鹿児島県奄美市名瀬の崎原小中学校(長﨑克則校長、児童生徒25人)の児童生徒7人は17日、オンラインで開催された「国際サシバサミット2021宮古島」に参加し、同校周辺に飛来するサシバの観察結果や豊かな奄美の自然について発表した。

 同サミットは東南アジアと日本を行き来する渡り鳥のサシバが絶滅の危機にあることを受け、2019年に始まった。繁殖地・中継地・越冬地が連携してサシバの保全を図る。

 初回開催地は栃木県の市貝町。2回目となる今回は沖縄県宮古島市が主催しオンラインで開催した。台湾やフィリピンの学校からもサシバに関する発表があり、奄美からは同校と宇検村の阿室小中学校が参加した。

 崎原小中の児童生徒らは「去年と今年のサシバは同じなの?」という疑問をきっかけに、19年からサシバの観察を開始。くちばし付近の羽の形や顔の模様などの特徴から、毎年同じ個体のサシバが同校周辺に飛来していることを突きとめた。

 オンライン発表では写真を使ってこれまでの観察結果を報告。観察を続けているサシバが「さしお君」と呼ばれ児童生徒らに親しまれていることも紹介した。

 「さしお君」の顔の特徴について説明した児童は「緊張したけど、(サシバについて)みんなに伝えられてよかった」と話した。「今年もさしお君に会えて感動した。これからも観察を続けたい」と今後の活動にも意欲を見せた。

関連記事

荘内日報社

食堂への間借り出店スタート ギャラリー温泉「町湯」 多くの店とのつながり期..

 庄内町のギャラリー温泉「町湯」(齋藤千佳子支配人)で27日、施設内の食堂を貸し出す「間借り出店」を開始した。第1弾として「ハラダのカレー」が出店し、利用客らがスパイスの効いたオリジナルカレーを堪能し...

紀伊民報社

構内で時間旅行 かつての駅ジオラマ展示

 JR紀伊田辺駅(和歌山県田辺市湊)は、赤い三角屋根が特徴だった旧駅舎のジオラマを展示している。1955(昭和30)年当時の写真を基に利用客や周辺に駐車する車も再現しており、駅構内で懐かしい「時...

「ボンバー」が熱血指導 元日本代表 中澤さんサッカー教室 士幌

 士幌町開町100周年を記念し、サッカー元日本代表中澤佑二さんを招いた「サッカー教室」が25日、町総合研修センター・アリーナで開かれた。  町内の小・中学生47人が参加。ボールを使ったドリブル...

宇部日報社

「まちじゅうエヴァンゲリオン」発動 宇部市内でイベント

 「まちじゅうエヴァンゲリオン」発動―宇部市の篠崎圭二市長は29日、市出身の庵野秀明さんが総監督を務めた映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」に登場する舞台のモデルの一つとなったJR宇部新川駅で記者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク