全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

空港に設置している歓迎看板交換【釧路】

完成した看板の前で記念撮影する関係者(左から3人目が齊藤さん)

 道東の観光振興に取り組んでいる釧路湿原・阿寒・摩周シーニックバイウェイルート(桐木茂雄代表)がたんちょう釧路空港の正面玄関横に設置している歓迎看板を新しい木製看板に交換した。

 17日、同空港で新たな看板の更新に協力した釧路江南高校書道部を代表して3年生の齊藤衣織さん(標茶町在住)に感謝状と記念品が手渡された。

 同空港の歓迎看板は10年前に設置されたが、風雪の影響で看板の腐食が目立ってきたことから、江南高校書道部に協力を要請。部員たちが歓迎の気持ちを込めた文字を揮(き)毫(ごう)した。この中で「北海道」の文字を齊藤さんが担当。

「釧路へ」の文字を3年生の平川奈央さんが制作し、縦64㌢×横約2㍍の道産材に彫り込んだ。   新看板について桐木代表は「観光で人をもてなす時代となったが、この看板の前で多くの観光客が記念撮影をして思い出を心に残すことになるだろう」と釧路江南高校の協力に感謝した。

 感謝状を受けた齊藤さんは「このような大きなプロジェクトに参加することができてうれしい。実寸大の文字を書いた経験はなかったが、空港を利用する多くの人たちに見てもらいたい」と笑顔で応えた。

関連記事

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

長野日報社

南ア登山の安全祈願 北沢峠で3年ぶり長衛祭 長野県伊那市長谷

 南アルプスの開拓者、竹澤長衛(1889~1958年)をしのぶ「第64回長衛祭」(同実行委員会主催)の碑前祭は25日、長野県伊那市長谷と山梨県南アルプス市境の北沢峠(標高2032メートル)で、3年...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク