全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

茅野駅周辺「本でつながり」 長野県茅野市が空間利用の社会実験

JR茅野駅の自由通路に設置した本棚の本を手に長いすに座ってくつろぐ男性

 長野県茅野市は、「本を通じて人がつながる」ことを目指してJR茅野駅周辺で空間利用に関する社会実験を行っている。同駅の自由通路では「本の巣箱」と名付けて本棚を置いて本を貸し出し中。駅利用者が本を手に取ったり、保育園から借りた長いすに座って休んだりする姿が見られ、「観光客や別荘利用者らいろんな人が利用している」と市都市計画課。駅周辺の店舗ではスタンプラリーを同時開催している。24日まで。

 自由通路には本棚が自由通路に5個あり、絵本や小説、新書など約20冊ずつ入っている。備え付けのノートに記入すれば借りることができる。駅前ビル「ベルビア」で一般向けに本棚を貸す「まちライブラリー」を開設している一般社団法人が本を用意した。駅の待合にも駅員が本を並べている。

 茅野駅で電車を降りて原村にある別荘に向かう前に長いすに座って休んでいた埼玉県在住の男性(83)は「こうした環境は他の駅にはあまりないのではないか」とくつろいでいた。

 24日まではベルビア内や駅周辺の計40店舗余で「スタンプラリー」を実施している。店主らが勧める本を店に置いてもらい、来店客と交流するきっかけにしている。

 23、24日には興味のある本を持ち寄るなどしておしゃべりを楽しむ「植本祭」を茅野市民館イベントスペースなどで行う。両日には自由通路で古本市も計画している。

 社会実験では市が計画する同駅西口駅前広場リニューアルを踏まえ、イベント開催前後の人の流れの変化などを検証する。市都市計画課は「駅に利用者の居場所をつくることで人のつながりが出てくるのではないか」としている。

関連記事

長野日報社

蓼科湖で数十年ぶり花火大会復活 10月に大型イベント 長野県茅野市

長野県茅野市郊外の蓼科湖で10月15日、湖上花火大会が数十年ぶりに復活することが、20日に同市のマリオローヤル会館で開いたちの観光まちづくり推進機構(DMO)第5回定時社員総会で明らかになった...

オビヒロホコテン3年ぶり活気 バトン、はしごで幕開け

 コロナ禍の影響で3年ぶりの開催となった帯広まちなか歩行者天国(オビヒロホコテン、実行委主催)は19日、帯広市内の平原通(西2条通)や広小路を舞台に開幕した。正午現在、帯広の気温は24.1度ま...

長野日報社

富士見高原リゾート シャクヤクが見頃 長野県

 長野県富士見町境の富士見高原リゾートで、花の里「白樺エリア」に植わるシャクヤクが見頃を迎えている。淡いピンクや白、赤色などの大輪が緑の中で映え、訪れた人たちが鮮やかな花色と甘い香りを楽しんで...

長野日報社

農村歌舞伎の舞台を宿に 長野県岡谷市の建物改修、一棟貸し

 古材や古道具のリサイクルショップ「リビルディングセンタージャパン(リビセン)」(長野県諏訪市小和田)が、農村歌舞伎の舞台として江戸時代に造られた岡谷市湊の建物を改修し、一棟貸しの簡易宿泊施設と...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク