全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

根付けアーチェリー 長野県富士見町で体験会

富士見町在住の競技者宮原雅さんに教わり、アーチェリーに挑戦する子どもたち。「的に当たるとうれしい」と夢中になった

 長野県富士見町地域スポーツクラブは16日、アーチェリー体験会を同町乙事の町民広場キャンプ場で開いた。地域の園児と小学生を中心に5~68歳の31人が参加。町在住の競技者で日本代表チームにも在籍していた宮原雅さん(37)に基礎から教わり、アーチェリーの醍醐味(だいごみ)に触れた。県内で2028年に開催予定の国体を見据えた県の競技人口拡大事業の一環で行った。

 東京五輪での日本勢の活躍もあって、申し込み開始から2日間で定員に達した。宮原さんの妻で代表チームにも在籍した明日香さん、上田東高出身で昨年度の全日本選手権に出場した長澤宏平さん、県協会関係者も講師を務めた。

 子どもたちは弓の持ち方や姿勢を教わり、2班に分かれて3~5メートル先の的に向かって矢を放った。エアーでふわふわと浮いたボールを狙うコーナーも。宮原さんの実演にくぎ付けとなり、美しいフォームと矢の速度に驚きの声を上げた。宮原さんは「五輪などでは70メートル先にある的を狙う」と伝え、最高得点の中心の円はCDやDVDほどの大きさと解説した。

 地元開催の国体の年には現在の小学4、5年生が、少年の部の主力となる高校2、3年生になる。テニスと空手に打ち込む富士見小5年の児童(10)は「的に当たるとうれしい。楽しい競技。やってみたい気持ちになった」と笑顔で話した。

 宮原さんは「アーチェリーが注目されていると感じている。身近なスポーツになって環境整備も進み、富士見から競技者が出てくれば」と願っていた。県教育委員会によると、今年度は他に長野市のライフル射撃、池田町のトライアスロンを支援する。

関連記事

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

長野日報社

南ア登山の安全祈願 北沢峠で3年ぶり長衛祭 長野県伊那市長谷

 南アルプスの開拓者、竹澤長衛(1889~1958年)をしのぶ「第64回長衛祭」(同実行委員会主催)の碑前祭は25日、長野県伊那市長谷と山梨県南アルプス市境の北沢峠(標高2032メートル)で、3年...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク