全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

新「まちキネ」 プレ上映始まる

 鶴岡市山王町の映画館・新「まちキネ」のプレ上映が15日から始まった。初日は1年間かけて飛島で撮影したドキュメンタリー映画「島にて」(来月3日まで上映)をはじめ4作品が上映された。「島にて」の上映後、新庄市出身の大宮浩一監督(63)=東京都在住=が舞台あいさつし、「飛島のありのままの姿を見て感じてもらえれば」と話した。

スクリーンの前で舞台あいさつする大宮監督

 「山王まちづくり」(三浦新社長)が昨年5月に閉館した旧鶴岡まちなかキネマを運営。新「まちキネ」として来年12月の本オープンを目指している。

 プレ上映(試験上映)は来年1月16日までの3カ月間。毎週金・土・日と祝日、年末年始に開館する。庄内では初上映の「島にて」などを皮切りに2週間程度作品を入れ替える。

 舞台あいさつを終えた大宮監督は「作り手と観客を結ぶのが映画館。ネット配信では味わえない魅力がある。全国的にミニシアターは消えゆく状況にあるが、映画館の存在感がクローズアップされればうれしい」と語った。会場には映画好きの市民らが訪れ「まちキネで映画が復活してうれしい。機会があれば何度も来たい」と話していた。

 今後、上映される作品は2年間にわたってモスクワ空港で飼い主を待ち続けたシェパード「ハチとパルマの物語」(29日~11月7日)、13歳で拉致された横田めぐみさんや家族の運命を描いた「めぐみの誓い」(11月12~23日)などを予定している。

関連記事

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

長野日報社

南ア登山の安全祈願 北沢峠で3年ぶり長衛祭 長野県伊那市長谷

 南アルプスの開拓者、竹澤長衛(1889~1958年)をしのぶ「第64回長衛祭」(同実行委員会主催)の碑前祭は25日、長野県伊那市長谷と山梨県南アルプス市境の北沢峠(標高2032メートル)で、3年...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク