全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

上田さん清姫の墓所で報告 12月、田辺で新作能を上演

「清姫堂」前で、新作能「清姫淵」の謡の一部を奉納する上田敦史さん(右)と上田悟さん=15日、和歌山県田辺市中辺路町で

 能楽師で太鼓方の上田悟さん(72)=大阪府和泉市=と、次男の小鼓方の上田敦史さん(48)=兵庫県丹波市=が15日、和歌山県田辺市中辺路町にある安珍・清姫伝説ゆかりの「清姫の墓所」を訪れた。上田さんらは文化庁の支援事業で、安珍と清姫の物語の能を新作した。田辺市文里2丁目のハナヨアリーナでの上演(12月10日)を前に、墓参りし、その報告をした。
 これまでも、田辺市内で新型コロナ感染症の平癒を祈願して新作した能「アマビエ」を上演したり、能楽太鼓教室を開いたりするなど、紀南地方と縁がある。敦史さんは「伝楽舎」(丹波市)という会社代表でもあり、能楽を主とした伝統芸能の振興に取り組んでいる。
 安珍と清姫の物語は、平安時代、中辺路町真砂の庄屋の一人娘として生まれた清姫が、僧の安珍に思いを寄せたが裏切られ、蛇に変化し、道成寺(日高川町)で鐘ごと安珍を焼き殺したという悲恋の伝説。
 敦史さんは今回、その後日談として、2人が死後、供養によって結ばれ、蛇道から救われて天に昇るという物語の新作能「清姫淵」を作った。 真砂には、清姫の墓所や近くに清姫が水浴したと伝わる「清姫淵」があり、地元で供養が続けられている。
 この日、上田さん親子は、清姫が祭られる「清姫堂」の前で、新作能の謡(うたい)の一部を奉納。墓所を管理する一願寺の住職や、物語や地域の歴史に詳しい地元の人からも話を聞いた。
 敦史さんは「新作能は2人の霊を慰め、地域の人の思いに寄り添ったものをと考え、いろいろと調べながら作った。今日、墓所で報告できたことはうれしい。12月の上演では多くの方に見ていただき、地域の財産として一緒に継承していってもらえれば」と語った。

関連記事

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介し...

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク