全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

上田さん清姫の墓所で報告 12月、田辺で新作能を上演

「清姫堂」前で、新作能「清姫淵」の謡の一部を奉納する上田敦史さん(右)と上田悟さん=15日、和歌山県田辺市中辺路町で

 能楽師で太鼓方の上田悟さん(72)=大阪府和泉市=と、次男の小鼓方の上田敦史さん(48)=兵庫県丹波市=が15日、和歌山県田辺市中辺路町にある安珍・清姫伝説ゆかりの「清姫の墓所」を訪れた。上田さんらは文化庁の支援事業で、安珍と清姫の物語の能を新作した。田辺市文里2丁目のハナヨアリーナでの上演(12月10日)を前に、墓参りし、その報告をした。
 これまでも、田辺市内で新型コロナ感染症の平癒を祈願して新作した能「アマビエ」を上演したり、能楽太鼓教室を開いたりするなど、紀南地方と縁がある。敦史さんは「伝楽舎」(丹波市)という会社代表でもあり、能楽を主とした伝統芸能の振興に取り組んでいる。
 安珍と清姫の物語は、平安時代、中辺路町真砂の庄屋の一人娘として生まれた清姫が、僧の安珍に思いを寄せたが裏切られ、蛇に変化し、道成寺(日高川町)で鐘ごと安珍を焼き殺したという悲恋の伝説。
 敦史さんは今回、その後日談として、2人が死後、供養によって結ばれ、蛇道から救われて天に昇るという物語の新作能「清姫淵」を作った。 真砂には、清姫の墓所や近くに清姫が水浴したと伝わる「清姫淵」があり、地元で供養が続けられている。
 この日、上田さん親子は、清姫が祭られる「清姫堂」の前で、新作能の謡(うたい)の一部を奉納。墓所を管理する一願寺の住職や、物語や地域の歴史に詳しい地元の人からも話を聞いた。
 敦史さんは「新作能は2人の霊を慰め、地域の人の思いに寄り添ったものをと考え、いろいろと調べながら作った。今日、墓所で報告できたことはうれしい。12月の上演では多くの方に見ていただき、地域の財産として一緒に継承していってもらえれば」と語った。

関連記事

紀伊民報社

防災用品の購入急増 地震発生であらためて危機感

 3日に和歌山県の田辺市などで震度4の揺れを観測する地震が発生したのを受け、紀南地方で防災用品への関心が高まっている。田辺市内のホームセンターでも在宅避難用グッズの購入が増えている。  田辺市...

荘内日報社

ハタハタ高値 台所を直撃 「大黒様のお歳夜」他の魚に代替えも 複雑な表情

 9日は「大黒様のお歳(とし)夜(や)」。庄内ではハタハタの田楽を食べる風習があるが、今年はハタハタ漁に異変が起きている。1月から10月までの水揚げは昨年と比べて半減。近年指摘されている高い海水温が原...

62年前の苫東高新聞を発見、現役局員は質の高さに驚き

苫小牧市王子町の私設文学館「斉藤征義の宮沢賢治と詩の世界館」で、1959(昭和34)年12月5日付の苫小牧東高新聞第40号が見つかった。2019年に78歳で亡くなった詩人の故斉藤征義さんは、同高O...

地域交通に暮らしの視点 国交省、コロナ後へ研究会 十勝バスもモデル

 国土交通省はアフターコロナ時代の地域交通の方向性を考える新たな研究会を立ち上げた。新型コロナウイルスの影響で旅客の輸送需要が減少する中、地域の足としてのセーフティーネットに加え、地域住民の暮らし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク