全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

パラリンピック自転車競技日本ナショナルチームの選手らが活躍を報告 山陽小野田

パラリンピックの報告に訪れた藤井選手、川本選手、藤田選手、杉浦選手ら(前列左から、市役所で)

 東京2020パラリンピック自転車競技日本ナショナルチームの選手ら6人は15日、山陽小野田市役所を訪れ、同大会の成果を報告するとともに、事前キャンプ地として協力・応援した市と市民に対して感謝の言葉を述べた。また、埴生小(城戸邦之校長)の6年生36人と交流し、日本人最年長での2冠を達成した杉浦佳子選手が金メダルを披露した。     日本パラサイクリング連盟の岡泰宏理事長、同チームの権丈泰巳監督、杉浦選手(50)、藤田征樹選手(36)、藤井美穂選手(26)、川本翔大選手(25)が訪問した。杉浦選手はC3ロード女子個人タイムトライアルと女子ロードレースの両種目で優勝。川本選手はC2トラック男子3000メートル個人パーシュート4位、藤田選手はC3男子ロードレース6位、藤井選手はC2トラック女子500メートルタイムトライアル7位の活躍を見せた。     市役所で行われた報告会で一行は、埴生の山陽オートレース場で合宿できたことに感謝を述べた。藤田剛二市長は「それぞれの活躍に勇気と感動をもらった」と、ねぎらった。     埴生小では、子どもたちの質問に選手らが回答。パラ大会中の思い、ライバル選手とのエピソード、今後の目標などを語った。     杉浦選手は「大会中は苦しく、緊張もしたが、それによって集中できるように分刻みのスケジュールを立てて挑んだ。ライバル選手と互いに尊敬し合える戦いができたことがうれしい。タイムを2秒縮める目標に、これからも全力を尽くしていきたい」などと語った。     また、獲得を約束していた金メダルを披露。子どもたち一人一人が手に持って重みを体感し、興奮していた。

関連記事

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介し...

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク