全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

パラリンピック自転車競技日本ナショナルチームの選手らが活躍を報告 山陽小野田

パラリンピックの報告に訪れた藤井選手、川本選手、藤田選手、杉浦選手ら(前列左から、市役所で)

 東京2020パラリンピック自転車競技日本ナショナルチームの選手ら6人は15日、山陽小野田市役所を訪れ、同大会の成果を報告するとともに、事前キャンプ地として協力・応援した市と市民に対して感謝の言葉を述べた。また、埴生小(城戸邦之校長)の6年生36人と交流し、日本人最年長での2冠を達成した杉浦佳子選手が金メダルを披露した。     日本パラサイクリング連盟の岡泰宏理事長、同チームの権丈泰巳監督、杉浦選手(50)、藤田征樹選手(36)、藤井美穂選手(26)、川本翔大選手(25)が訪問した。杉浦選手はC3ロード女子個人タイムトライアルと女子ロードレースの両種目で優勝。川本選手はC2トラック男子3000メートル個人パーシュート4位、藤田選手はC3男子ロードレース6位、藤井選手はC2トラック女子500メートルタイムトライアル7位の活躍を見せた。     市役所で行われた報告会で一行は、埴生の山陽オートレース場で合宿できたことに感謝を述べた。藤田剛二市長は「それぞれの活躍に勇気と感動をもらった」と、ねぎらった。     埴生小では、子どもたちの質問に選手らが回答。パラ大会中の思い、ライバル選手とのエピソード、今後の目標などを語った。     杉浦選手は「大会中は苦しく、緊張もしたが、それによって集中できるように分刻みのスケジュールを立てて挑んだ。ライバル選手と互いに尊敬し合える戦いができたことがうれしい。タイムを2秒縮める目標に、これからも全力を尽くしていきたい」などと語った。     また、獲得を約束していた金メダルを披露。子どもたち一人一人が手に持って重みを体感し、興奮していた。

関連記事

荘内日報社

人を生かす農業絶やすな/多くの農家と交流感謝 やまがた農業女子ネットワーク..

 県内の女性農業者でつくるやまがた農業女子ネットワーク「あぐっと」による講演会が1日、鶴岡市の山形大学農学部で開かれ、学生44人が講演やワークショップを通じ、就農の課題や現状について考察した。 ...

ヤマメのいずし、樽前養鱒場で製造ピーク「にぎやかな年末彩って」

師走に入り、苫小牧市糸井の樽前養鱒場(石川正剛代表)で、白老町虎杖浜産のヤマメを使ったいずし作りがピークを迎えている。  同養鱒場はニジマスのいずしや薫製「たこでなし」が看板商品だが、尾頭付き...

「40年前のステッカー」好評 配送商品の購入者特典 帯広・平和園

 焼肉の平和園(帯広市、新田隆教社長)は、自社オンラインショップなどでのギフト商品拡充を記念し、購入者対象に期間限定で40年前から保管してきた平和園オリジナルステッカーを贈呈するサービスを行ってお...

宇部日報社

カタログギフト「ぶちうま!山口」がリニューアル

 県産原料100%をコンセプトとしたカタログギフト「ぶちうま!山口」が5年ぶりにリニューアルし、1日から販売を開始した。掲載商品は全197品。AR(拡張現実)で掲載商品を使った料理を見られる機能...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク