全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

喜界島初の観光大使に松井美緒さん 島の魅力発信に意欲

観光大使の委嘱状を受け、笑顔を見せる松井さん(中央)=15日、喜界町役場

 鹿児島県喜界町で初となる観光大使の委嘱式が15日、町役場であり、タレントの松井美緒さんに第1号喜界島観光大使の委嘱状が交付された。一人旅で訪れた喜界島が気に入り、自身のホームぺージや写真共有アプリ「インスタグラム」などで同島に関するさまざまな情報を発信している松井さんは「これからも島の魅力を発信していきたい」と抱負を述べた。今後は同町の観光や歴史・文化、自然環境などの広報活動に取り組むほか、町のイベントにも参加する予定。

 松井さんは、芸能活動をしながらライフスタイルの提案や料理のレシピ本を手がけるなど幅広い分野で活躍し、インスタグラムのフォロワー数は4万人を超える。現在は、喜界島薬草農園の製品開発にも関わり、自身のホームページでは喜界島在住のライターと共に島の情報を発信している。夫はプロ野球・埼玉西武ライオンズ2軍監督の松井稼頭央さん。

 松井さんは、知人からもらった喜界島のゴマをきっかけに、2019年2月に初来島。サトウキビ農家とも交流し、短い時間で濃密な時間を過ごしたという。喜界島の印象を「青い海と人の良さ、言葉にできないパワーを感じる島」と表現し「島の食材は栄養価も高く、おいしいものがたくさんある。島に住んでいない人の目線で魅力を発信していきたい」と語った。

 隈崎悦男町長も「松井さんには、島の人が気付かない魅力をどんどん発信してもらいたい。喜界島ファンを増やしてほしい」と今後の活躍に期待していた。

関連記事

紀伊民報社

みこし担いで海へ 熊野神社の潮掛け神事

 地元で「お熊野さん」として親しまれている和歌山県白浜町才野の熊野神社で13、14日、例大祭が営まれた。コロナ禍の影響で規模を縮小していたため、通常通り営むのは5年ぶり。地域をみこしが練り歩き、...

ウトナイ湖の春満喫 野鳥観察会に70人 苫小牧

苫小牧市植苗のウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターと日本野鳥の会苫小牧支部は13日、同湖畔で「春のウトナイ湖野鳥観察会」を開いた。市内外から約70人が参加し、湖畔の豊かな自然に触れた。 ...

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカ..

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ば...

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク