全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

長野県岡谷市でワーケーション 補助制度利用の県外企業受け入れ実現

コワーキングスペースでテレワークに取り組むイトーキの社員。パソコンの画面越しにリモートでやり取りをする姿もあった=長野県岡谷市のテクノプラザおかや

長野県岡谷市が今年度、「『岡谷へ行こう』関係人口等創出・拡大事業」で取り組む市外企業のワーケーション受け入れが実現し、オフィス家具メーカー「イトーキ」(本社・東京都)の社員が14~16日、同市に滞在している。コワーキングスペースでテレワークを行い、合間に市内散策などの余暇を楽しんでいる。

市はビジネスマンに仕事の合間に岡谷の魅力を体感してもらい、移住や定住、企業誘致などにつなげる狙いでワーケーション受け入れ促進に取り組んでいる。これまでに、テクノプラザおかやコワーキングスペースの開設、ポケットWiFiや移動に便利な電動アシスト自転車(eバイク)の貸し出し、宿泊費などを補助する制度の開始など受け入れ体制を整えてきた。

補助制度の利用第1号となったイトーキのワーケーションは緊急事態宣言の影響で延期を重ね、ようやく実現。同社は在宅でもオフィスでも自分らしく働くためのアイデアなどを発信するウェブサイトも運営しており、社員の体験談を織り交ぜたワーケーションの紹介企画の取材も兼ねている。

仕事の合間に市内の名所や文化施設を訪れたイトーキの社員。諏訪湖周の眺望を満喫していた=鳥居平やまびこ公園

滞在中の社員4人は2日目の15日、朝からテレワークに従事した後、鳥居平やまびこ公園に移動して高台からの眺望を満喫した。社員の一人は「魅力的な資産を持つ市だと知れた。コワーキングでもストレスなく仕事ができたし、リフレッシュもできた」と笑顔。最終日は補助制度を活用してレンタルするeバイクでサイクリングを楽しむ。

市商業観光課はワーケーションの受け入れについて、新型コロナの感染状況が落ち着いたことから「首都圏や中京圏の企業とつながりがある工業振興課と連携し、積極的にPRに動きたい」と話した。

関連記事

荘内日報社

避難所に段ボールベッド組み立て(鶴岡・大泉小)児童と保護者対象「防災体験..

 鶴岡市大泉地区の避難所に指定されている大泉小学校(奥田満哉校長、児童137人)で4日、全校児童と親を対象にした防災体験教室が開かれ、専門家による講話やワークショップ、避難所開設体験が行われた。 ...

紀伊民報社

「甘くて濃厚」と好評 作業所開発のミニトマトジュース

 和歌山県みなべ町の「なかよし福祉会」が運営する「なかよし作業所」が、地元の農家からミニトマトを仕入れて作るジュースが「甘くて濃厚な味でおいしい」と好評だ。障害者の就労を支援する団体が作ったカタ...

丸ごと120㍍移動 キャンプセンター曳家工事本格化  千歳モラップの支笏湖..

環境省北海道地方環境事務所は6日、千歳市モラップの支笏湖野営場で、「キャンプセンター」の曳家(ひきや)工事を公開した。建物を解体せずにそのままの状態で移動させる伝統的な建築工法。同省による曳家工事...

パイ生地で彩り鮮やか 豊頃のエレゾがシカやクマの限定テリーヌ

 食肉加工・飲食業のエレゾ社(豊頃町、佐々木章太代表)は、テリーヌをパイ生地で包んだフランスの伝統料理「パテアンクルート」の販売を会員限定で始めた。  放牧豚やエゾシカ、クマなどの肉を使った...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク