全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

長野県岡谷市でワーケーション 補助制度利用の県外企業受け入れ実現

コワーキングスペースでテレワークに取り組むイトーキの社員。パソコンの画面越しにリモートでやり取りをする姿もあった=長野県岡谷市のテクノプラザおかや

長野県岡谷市が今年度、「『岡谷へ行こう』関係人口等創出・拡大事業」で取り組む市外企業のワーケーション受け入れが実現し、オフィス家具メーカー「イトーキ」(本社・東京都)の社員が14~16日、同市に滞在している。コワーキングスペースでテレワークを行い、合間に市内散策などの余暇を楽しんでいる。

市はビジネスマンに仕事の合間に岡谷の魅力を体感してもらい、移住や定住、企業誘致などにつなげる狙いでワーケーション受け入れ促進に取り組んでいる。これまでに、テクノプラザおかやコワーキングスペースの開設、ポケットWiFiや移動に便利な電動アシスト自転車(eバイク)の貸し出し、宿泊費などを補助する制度の開始など受け入れ体制を整えてきた。

補助制度の利用第1号となったイトーキのワーケーションは緊急事態宣言の影響で延期を重ね、ようやく実現。同社は在宅でもオフィスでも自分らしく働くためのアイデアなどを発信するウェブサイトも運営しており、社員の体験談を織り交ぜたワーケーションの紹介企画の取材も兼ねている。

仕事の合間に市内の名所や文化施設を訪れたイトーキの社員。諏訪湖周の眺望を満喫していた=鳥居平やまびこ公園

滞在中の社員4人は2日目の15日、朝からテレワークに従事した後、鳥居平やまびこ公園に移動して高台からの眺望を満喫した。社員の一人は「魅力的な資産を持つ市だと知れた。コワーキングでもストレスなく仕事ができたし、リフレッシュもできた」と笑顔。最終日は補助制度を活用してレンタルするeバイクでサイクリングを楽しむ。

市商業観光課はワーケーションの受け入れについて、新型コロナの感染状況が落ち着いたことから「首都圏や中京圏の企業とつながりがある工業振興課と連携し、積極的にPRに動きたい」と話した。

関連記事

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介し...

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク