全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

ANA・CA5人酒田に移住通常業務と情報発信担う 「地域創生事業」全国初の試み 観光PRや商品開発活動

 全日本空輸(ANA)は、客室乗務員(CA)が酒田市に移住、東京・羽田空港まで「通勤」しCAとしての業務を続けながら、広く庄内地域に関する情報発信を行う「ANA SHONAI BLUE Ambasador」事業をスタートさせる。今月1日の庄内空港開港・就航30周年を記念した事業で、移住する女性5人が13日、酒田市役所を表敬し、丸山至市長に意気込みなどを語った。

丸山市長を囲む酒田市に移住するCAたち。左は前田支店長

 同社は長年培ってきた航空輸送事業に加えて、新たに「地域創生事業」を展開。それぞれを深化させることで地域、顧客、会社の「三方良し」を目指そうと同事業を企画した。庄内空港発着便を含め全国的に新型コロナウイルスの影響で減便が続く中、雇用を維持するとともに、新たな業務を担当することで社員のスキル向上を図るのが狙いで、同社によると、全国初の取り組みという。

 今回、同事業に応募し酒田市に移住するのは、いずれもCAとして国際線、国内線に乗務している切江沙也香さん(30)=長崎県出身、佐藤菜々子さん(27)=山形市出身、西紅映さん(28)=埼玉県出身、坂本里帆さん(27)=東京都出身、九鬼江実さん(24)=神奈川県出身=の女性5人。このうち西さんは母親が酒田出身で、2018年の酒田まつりの際、花魁(おいらん)道中で主役を務めた経験がある。

 5人は今年12月以降、ANA便で庄内空港から羽田空港に「出勤」し、業務に従事。同じく飛行機で酒田に「帰宅」する一方、地域創生などを担うグループ会社・ANAあきんど(旧ANAセールス)の庄内支店員として、庄内地域を中心に観光PR、地元酒蔵との商品開発といった活動に取り組む。期間は2023年3月末まで。

 5人はこの日、西祐一郎ANA広報部担当部長、前田誠ANAあきんど庄内支店長らと共に市庁舎を訪問、自己紹介に続き「雪の降る地方に住むのは初めてなので楽しみ」「日本酒と食べ物がおいしい場所だと感じた」などと述べた。これを受け丸山市長は「庄内地域はまだ発信力が足りていないことが課題なので、力をぜひ貸してほしい」と歓迎した。

 山形市出身の佐藤さんは「地元の魅力をあらためて知りたいという思いから事業に参加した。一度、山形を離れたからこそ分かる魅力もあると思うので、そうしたことを発信していきたい」、西さんは「祖母は市内に住んでいる。幼少の頃は海にも行っており、思い出深い場所で、ぜひ力になりたい」とそれぞれ話した。

関連記事

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介し...

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク