全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

女性対決 再び 衆院解散 十勝も始動

 14日午後の衆院解散を受け、道11選挙区(十勝管内)でも事実上の選挙戦に突入した。立候補を予定している立憲民主党の前職石川香織氏(37)と、自民党の元職中川郁子氏(62)の2人は「いよいよ戦いが始まる」などと、企業回りや街頭活動などを精力的にこなす。前回同様、女性同士の一騎打ちが濃厚で、19日公示、31日投開票の超短期決戦を制するため互いに懸命だ。

(左から)札内橋付近で演説を行う石川氏、帯広競馬場前で演説する中川氏

◆立民・石川氏
 石川氏は14日午後の衆院本会議で初めて解散の瞬間に立ち会い、「いよいよだなという気持ちになった」と話す。同日中に帯広に戻り、事務所で打ち合わせなどを行い、帰宅後も政策集に目を通した。

 15日は午前7時半から、札内橋で街頭演説を実施。新型コロナウイルスの経済対策について、「本当に支援が必要な人に行き渡るよう、制度設計も含めて考えていかなければいけない」と語った。「選挙では4年間活動してきたことと、これからやっていきたいことを訴えていく」と述べ、企業回りに向かった。

◆自民・中川氏
 中川氏は14日午後の解散決定を、あいさつ回りの途中、スマートフォンで確認。「コロナという未曽有(みぞう)の国難に立ち向かえるのは自公政権。今まで通り丁寧に政策を訴える」と話した。

 15日は午前7時半から恒例の街頭演説を帯広競馬場前で実施。通勤者らに手を振り、アフターコロナ対策や災害に強い地域づくりに向けた国土強靱(きょうじん)化の必要性などを訴えた。その後、企業へのあいさつ回りに。新得での事務所開きへの参加や政府などの赤潮被害現地調査への同行などをこなす予定。

関連記事

21日に新昌寺で鳥居強右衛門の450回忌法要

 1575年にあった「長篠・設楽原の戦い」で長篠城を守ろうと奔走した足軽鳥居強右衛門(とりいすねえもん)の450回忌法要が、墓のある新城市有海の「新昌寺」で21日に営まれる。  強右衛門は長...

釧路新聞社

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞社

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

荘内日報社

球春到来!! 平田杯13年ぶり単独開催 高校野球 庄内10チーム20日まで熱戦

 第98回平田杯庄内高校野球大会が13日、鶴岡ドリームスタジアムで開幕した。爽やかな晴天の下、球児たちがはつらつプレーを繰り広げ、庄内に「球春到来」を告げた。  同大会は1927年に鶴岡野球協会(現...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク