全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

女性対決 再び 衆院解散 十勝も始動

 14日午後の衆院解散を受け、道11選挙区(十勝管内)でも事実上の選挙戦に突入した。立候補を予定している立憲民主党の前職石川香織氏(37)と、自民党の元職中川郁子氏(62)の2人は「いよいよ戦いが始まる」などと、企業回りや街頭活動などを精力的にこなす。前回同様、女性同士の一騎打ちが濃厚で、19日公示、31日投開票の超短期決戦を制するため互いに懸命だ。

(左から)札内橋付近で演説を行う石川氏、帯広競馬場前で演説する中川氏

◆立民・石川氏
 石川氏は14日午後の衆院本会議で初めて解散の瞬間に立ち会い、「いよいよだなという気持ちになった」と話す。同日中に帯広に戻り、事務所で打ち合わせなどを行い、帰宅後も政策集に目を通した。

 15日は午前7時半から、札内橋で街頭演説を実施。新型コロナウイルスの経済対策について、「本当に支援が必要な人に行き渡るよう、制度設計も含めて考えていかなければいけない」と語った。「選挙では4年間活動してきたことと、これからやっていきたいことを訴えていく」と述べ、企業回りに向かった。

◆自民・中川氏
 中川氏は14日午後の解散決定を、あいさつ回りの途中、スマートフォンで確認。「コロナという未曽有(みぞう)の国難に立ち向かえるのは自公政権。今まで通り丁寧に政策を訴える」と話した。

 15日は午前7時半から恒例の街頭演説を帯広競馬場前で実施。通勤者らに手を振り、アフターコロナ対策や災害に強い地域づくりに向けた国土強靱(きょうじん)化の必要性などを訴えた。その後、企業へのあいさつ回りに。新得での事務所開きへの参加や政府などの赤潮被害現地調査への同行などをこなす予定。

関連記事

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介し...

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク