全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

(庄内で初の全面的オンライン商談会) 県内外の発注企業に自社技術アピール 隣接の秋田、新潟両県含む受注企業40社参加

 県庄内総合支庁の「県庄内商談会2021」が14日、初めて全面的なオンライン方式で開かれ、隣接する秋田、新潟両県を含め受注企業約40社がそれぞれ、県内外の発注企業とオンライン会議システムで自社の技術をアピールした。

初めて全面オンラインの庄内商談会が行われた。パソコンに向かい自社製品を売り込む田村技研工業の田村専務=14日午前、鶴岡市友江の同社

 製造業を中心とした管内企業の取引拡大を狙いに2013年度から毎年開き、近年は秋田県由利、新潟県北部の両地域とも連携している。新型コロナの影響で、昨年度は三川町の会場とオンラインの併用で、今回初めて全面オンラインで実施した。受注企業は38社(県内26社、秋田県8社、新潟県4社)、発注企業は11社(県内7社、東京都2社、宮城県、神奈川県各1社)。午前9時半から午後5時まで8コマの時間帯(1コマ30分)を設け、受注側1社が希望の発注側数社ずつと商談した。

 受注企業のうち、半導体製造装置部品など金属精密加工の「田村技研工業」(鶴岡市友江、田村一弘社長)は、オンライン会議システム「ズーム」を使い、県内2社、神奈川県1社の発注企業3社と商談、早い対応や完成度の高さなど自社を売り込んだ。

 同社の田村昌樹専務取締役(36)は「商談会は一定の受注を頂けるので、地方の町工場には貴重な機会。コロナの影響で昨夏ごろから他の商談会も全面的にオンラインになった。当初はズームの操作に慣れず苦労した面もあるが、最近は特に違和感なく普通に対話できる」という。さらに「人が移動する時間や経費を削減できる。商談相手は初めて会う人が多く、オンラインの距離感がちょうど良い。全国、海外に販路を広げられるので、オンライン商談会は今後さらに回数を増やしてほしい」と話した。

 県庄内総合支庁産業経済課の鈴木昌課長補佐は「当日の会場準備がないなど、主催者側もメリットがある。ただ、企業側は『対面した方がやりやすい』という声が多く、田村さんのような声は少数派」とする。

 これについて田村専務は「世代の違いもあると思う。(発注側でもオンラインにメリットを感じている企業もあるはずなので)われわれはそこで勝負していきたい」と、コロナ禍で訪れたチャンスを見据えている。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク