全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

店頭にししゃものすだれ干し 秋の日差し浴びうま味凝縮 むかわ

むかわ町が全国に誇る特産品ししゃものすだれ干しが、町内鵡川地区の加工各店でお目見えした。シシャモを植物の茎で束にし、店頭にずらりと天日干しにする地域の"風物詩"。晩秋の日を浴びておいしそうに輝いており、町内外から買い物客を迎える。

秋の風物詩としてお目見えしたししゃものすだれ干し =むかわ町花園のマルダイ大野商店

 シシャモ漁は今月4日に解禁、5日から地元でも漁が始まり、シシャモ加工店が順次、すだれ干しをスタートさせた。干す時間などは各店で異なるため、味に個性が出るのが特徴だ。

 町内花園のマルダイ大野商店は、前浜で取れた鮮度の良い魚10匹ずつを1串にして、すだれのように天日干しにする。魚は秋の日差しを浴びてキラキラと光り、浜風にさらされ、うま味を凝縮させている。

 同店の西川隆志社長(83)は「今年のシシャモは魚体そのものが比較的大きく、脂の乗りもよく申し分ない」という。ただ、今季の水揚げ量は、昨年に続いて大幅に低い水準で推移しており、「漁獲量が少ないため、値段が高騰してしまう」と客離れを懸念。それでも「まだこれから」と、今後迎える本格的な水揚げに期待を寄せている。

関連記事

紀伊民報社

50年間で1度上昇 紀伊水道の海水温 和歌山県水産試験場解析

 和歌山県水産試験場(和歌山県串本町)は、紀伊水道(瀬戸内海東部海域)の観測データを解析して、海水温が50年間で1度の上昇傾向にあることを明らかにした。また、透明度も上昇傾向にあることが分かった...

駅舎一面の切符見納め 帯広・幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が...

荘内日報社

天神祭始まる 「化けもの」5年ぶりに酒振る舞う

 学問の神様・菅原道真公を祭る鶴岡天満宮の祭礼・天神祭が24日、同天満宮での大絵馬奉納で始まった。コロナ禍で中止していた化けものによる祭り客への地酒やジュースの振る舞いが5年ぶりに復活。いつもながらの...

宇部日報社

トビタテ!宇部高専生 3年生5人が文科省の留学支援制度に採択【宇部】

 宇部高専(金寺登校長)の3年生5人が、文部科学省の留学生支援制度「トビタテ!留学JAPAN」新・日本代表プログラム高校生コースの第9期に選ばれた。今年度の応募総数1566人のうち採択者数は...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク