全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

企画展「背中から見る土偶」 長野県茅野市尖石縄文考古館

背中の造形美に焦点を当てた企画展。国宝土偶「縄文のビーナス」は背中を入り口側に向け展示されている=茅野市尖石縄文考古館

 長野県茅野市尖石縄文考古館は、土偶を後ろ向きに展示した企画展「背中から見る土偶」を開いている。同館は「手抜きのない背中の造形美もじっくり見てもらえれば」としている。11月23日まで。

 同館によると、土偶は顔を正面に向けて展示するのが一般的。縄文時代の人たちも顔が表現された方が正面だと認識していたと思われるが、土偶は正面だけでなく背中や側面も手を抜くことなく作り込んでいる。

 市内出土の縄文時代の国宝土偶「縄文のビーナス」が1998年に初めてパリで展示された際には、おしりの形に愛着が持たれ、背中からの姿が図録に掲載された―というエピソードもあるという。

 展示しているのは市内から見つかった大小の土偶約50点。「縄文のビーナス」と、もう一つの国宝「仮面の女神」は背中を入り口側に向け置かれている。

 おしりは、縄文時代中期(約5000年前)の縄文のビーナスがハート型を逆さにした格好でふっくらとしている一方、縄文時代後期(約4000年前)の仮面の女神は硬く締まっているようだ。

 伏せて展示している他の土偶も後頭部、肩、背中などに特徴がうかがえ、おなかが膨らんでいる半面、板状につるっとした背中の女性を表した土偶もある。

 午前9時~午後5時(最終入館は午後4時30分)。原則月曜休館。入館料は大人500円、高校生300円、小中学生200円。問い合わせは同館(電話0266・76・2270)へ。

関連記事

長野日報社

重層的歴史、諏訪の魅力 ガイドツアー「エクスペリエンス」始まる 長野県

 長野県諏訪地域の歴史や文化、信仰をテーマにした地域密着のガイドツアー「SUWAエクスペリエンス」が26日、始まった。諏訪信仰の研究会「スワニミズム」を基盤に、考古資料の調査や活用に取り組む「大...

長野日報社

「なぎ」の湖面に新緑映る 奥蓼科の御射鹿池  長野県茅野市

長野県茅野市奥蓼科のため池「御射鹿池」が、ほとりに生えたカラマツ林が一斉に新緑に染まり、初夏の様相を呈している。24日は風も穏やかで、「なぎ」の時間が訪れると鏡面のようになった湖に山あいの木々...

北羽新報社

花嫁行列あでやか、見物客を魅了 能代市の日吉神社「嫁見まつり」

 能代市御指南町の日吉神社(平賀優子宮司)の伝統行事「嫁見まつり」は18日に行われた。県内外から参加した女性4人が色打ち掛けを羽織って新緑に包まれた参道を静々と歩き、見物客を魅了した。境内では飲食...

長野日報社

湖上花火にサイクリングロード JR上諏訪駅が夏の観光誘客ポスター 長野県

JR上諏訪駅(長野県諏訪市)は、首都圏の駅に掲示や表示する夏版の観光誘客用ポスターを2枚作った。1枚は全線開通した諏訪湖サイクリングロードの写真を載せ、もう一方は諏訪湖花火で特徴的な水上スター...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク