全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

21年度 全米日本酒歓評会(日本各地から500点超出品) くどき上手「Jr.の雫」最高賞に輝く

 「2021年度全米日本酒歓評(かんぴょう)会」がこのほど、ハワイのホノルル市内で行われ、亀の井酒造(鶴岡市羽黒町、今井俊治社長)の大吟醸「くどき上手Jr.の雫(しずく)」が大吟醸部門で最高賞のグランプリ(1点)に輝いた。「Jr.の雫」は今井俊典(としふみ)専務が3年間かけて生み出した逸品。今井専務は「正直、驚きました。設備投資をした結果が結び付いたし若手社員の自信にもつながる。うれしく思います」と受賞の感想を語った。

グランプリを受賞した「くどき上手Jr.の雫」を持つ今井専務

 同歓評会は、日本国外で最も長い歴史を持つ日本酒の品評会。独立行政法人酒類総合研究所が毎年実施している「全国新酒鑑評会」にならって2001年に始まった。酒造技術を高め、より多くの人に日本酒に親しんでもらうことを目的としている。

 例年、日本各地の酒造会社から500点を超える日本酒が出品。亀の井酒造が同歓評会でグランプリに輝いたのは2017年の「純米大吟醸くどき上手愛山(あいやま)」以来、4年ぶり2回目となる。

 今回のグランプリとなった「Jr.の雫」の酒米は兵庫県で栽培された播州(ばんしゅう)山田錦を使用。精米歩合は35%で、アルコール分は16・3%。今井専務が▽華やかな香り▽上品な甘さ▽キレ味―の三拍子そろった大吟醸を目指し、試行錯誤を繰り返してきた。

 これまで酒米を蒸すのに使用してきた昔ながらの「和釜(わがま)」から「蒸気槽」にチェンジ。「ものすごく勇気のいる決断だった。最初はうまくいかなかったが、ようやく安定した蒸し方を確立できるようになった」と振り返る。

 先月27日は「播州山田穂(やまだぼ)」を酒米にした「純大吟Jr.の山田穂44%」を新発売。すでに完売したという。

 今井専務は「酒造りはその日の天候や温度、湿度を感覚で捉えながらの地味な作業。まだまだ自分が追い求めている酒には届いていない。これからもお客さんを感動させる日本酒造りに精進していきたい」と話した。

関連記事

長野日報社

幼虫やさなぎびっしり 地蜂の巣入荷最盛期 長野県伊那市

伊那市ますみケ丘の産直市場グリーンファームで、地蜂(クロスズメバチ)の巣の入荷が最盛期を迎えた。店内には一段一段にびっしりと幼虫やさなぎが詰まった巣がずらりと並び、来店した人たちを驚かせている...

荘内日報社

全国有名店の味楽しんで 庄内空港 「ラーメン・麺類大集合」開幕

 今月1日に開港30周年の節目を迎えた酒田市の庄内空港で9日、国内外の名産品・グルメを取りそろえた月替わり物産展「おいしい翼のマルシェ」第6弾「全国のラーメン・麺類大集合」が開幕。北は北海道、南は九州ま...

紀伊民報社

世界的ビール審査会2部門で受賞 ナギサビール

 世界のビールを対象にした審査会「インターナショナル・ビアカップ2021」(日本地ビール協会主催)で、和歌山県白浜町の「ナギサビール」が2部門で金賞と銅賞を受賞した。金賞のビールは、同分類の金賞...

ユリ根で揚げかまぼこ 大坂農場が道の駅・忠類で販売

 ユリ根農家の大坂農場(幕別町忠類新生176、大坂崇士代表)がユリ根を使った揚げかまぼこ「ナウマンボール」の販売を道の駅・忠類で始めた。同農場として加工品作りに挑戦するのは初の試み。毎年一定数出る...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク