全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

芽室ピーナッツ 応援CD 帯広のオマチマンさん夫妻の自作曲

芽室産ピーナッツを盛り上げるCDを手にする(左から)オマチマンさん、石黒さん、ツマチマンさん

 帯広市の音楽家オマチマンさんとツマチマンさん夫婦(本名非公表)が、芽室産の落花生を応援するテーマソング「メムロピーナッツのうた」のCDを制作した。民謡・三味線の石黒会(芽室、石黒みゆき会主)の子どもたちが歌う新作「メムピー音頭」と郷土民謡の「十勝小唄」も収録。オマチマンさんは「例年のようなライブ活動ができない中、一つの歴史となった」と話している。

 夫婦は帯広を拠点に全国の保育所などを巡り、年間100~150本のライブ活動を行っている。「メムロピーナッツのうた」は昨年、市内で行われた落花生の生産者応援イベントで、オマチマンさんが塩ゆでの落花生の味に感動したことをきっかけに作った。

 楽曲はこれまで配信専用で販売し、CDも楽曲完成記念に作られた非売品のみだったが、「皆に分かりやすく伝わるもの」として改めて作ることになった。

 新曲「メムピー音頭」は元の「メムロピーナッツのうた」を音頭調にアレンジして誕生。子どもたちに歌ってもらいたいと、石黒会の山本樹(たつき)君(芽室上美生小6年)が4月にテレビのカラオケ番組に出演した姿を見て、同会にオファーした。山本君ら4歳から高校1年生までの15人が参加し、8月半ばまでに回数を分けて収録した。

 併せて収録した「十勝小唄」は、石黒さんも三味線伴奏で参加した。オマチマンさんは子どもたちが歌うユーチューブの動画も見ており、「『ランランラントセ カネガフル』の歌詞に強く引かれた」という。

 「民謡の大会がなかなか開けない中、子どもたちもCDの完成を楽しみにしていた」と石黒さん。オマチマンさんは今回のCD制作を機に、「ミートショップこくぼの歌」などさまざまな店の応援歌も制作。「コロナ禍の中でも、いろいろな取り組みができている」と話す。

 CDは1枚1000円。ジャケットは、作詞で参加のツマチマンさんが「さよこまち」名義でイラストを描いてデザインした。芽室町の珠玖ライオン堂や、お菓子のまさおか、帯広市の浅原栄陽堂でも取り扱っている。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク