全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

プロ野球ドラフト、地元関係2人が指名受ける

浅原監督とともに喜びのガッツポーズをとる小森選手(宇部工高で)

 プロ野球のドラフト(新人選択)会議は11日、東京都内のホテルで開かれた。山陽小野田市出身で東北福祉大4年の椋木蓮(むくのき・れん)投手がオリックスに単独1位で指名され、山口市出身で宇部工高3年の小森航大郎選手がヤクルトに4位指名された。小森選手は今年創立100周年を迎える宇部工高から初のプロ野球選手となる。     椋木投手は179センチ、84キロで右投げ右打ち。本山小、高川学園中・高を経て東北福祉大に入学。高2で甲子園に出場も登板は無かった。大学入学後は故障で投げられない時期もあったが、体づくりに励み、スリークオーターから最速154キロを投げ込む本格派右腕に成長した。     意中の球団の一つだったオリックスの単独1位指名に「すごくうれしい気持ち。本当に体が熱くなった」と感激。将来の目標に「100勝100セーブ」を掲げ「1年目から、自分の名前が広がるような活躍ができるようになっていけたら」と青写真を描いた。     小森選手は172センチ、83キロで右投げ右打ち。福岡県北九州市生まれ。良城小、鴻南中から宇部工に入学。走攻守三拍子そろった遊撃手として1年時から主力を務めた。主将として臨んだ今夏の県大会では、3回戦で宇部鴻城に敗れたが、3試合で11打数10安打、1本塁打3三塁打と獅子奮迅の活躍を見せた。     同高の会議室で浅原充監督、3年間一緒に汗を流したチームメートと共に中継を見守っていた小森選手。ヤクルトの4巡目指名選手として名前が呼ばれると、会場は大きな拍手と歓声に包まれ、浅原監督とがっちり握手を交わした。「地に足を着け、浮かれることなく、一日一日を大切にしていこうという新たな決意が固まった。小森を指名して良かったと言われるような実力を身に付け、1軍で活躍して子どもたちに夢を与える選手になりたい」と意気込みを語った。  

関連記事

紀伊民報社

50年間で1度上昇 紀伊水道の海水温 和歌山県水産試験場解析

 和歌山県水産試験場(和歌山県串本町)は、紀伊水道(瀬戸内海東部海域)の観測データを解析して、海水温が50年間で1度の上昇傾向にあることを明らかにした。また、透明度も上昇傾向にあることが分かった...

駅舎一面の切符見納め 帯広・幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が...

荘内日報社

天神祭始まる 「化けもの」5年ぶりに酒振る舞う

 学問の神様・菅原道真公を祭る鶴岡天満宮の祭礼・天神祭が24日、同天満宮での大絵馬奉納で始まった。コロナ禍で中止していた化けものによる祭り客への地酒やジュースの振る舞いが5年ぶりに復活。いつもながらの...

宇部日報社

トビタテ!宇部高専生 3年生5人が文科省の留学支援制度に採択【宇部】

 宇部高専(金寺登校長)の3年生5人が、文部科学省の留学生支援制度「トビタテ!留学JAPAN」新・日本代表プログラム高校生コースの第9期に選ばれた。今年度の応募総数1566人のうち採択者数は...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク