全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「すごくきれい、軽い」 中学生40人、大島紬の着付けに感激 龍郷町赤徳

大島紬の製造工程や着付けを学んだ生徒たち=9日、鹿児島県龍郷町の赤徳小中学校

 鹿児島県龍郷町(奄美大島)の赤徳小中学校(土岐邦寿校長)で9日、本場奄美大島紬の着付け体験授業があった。総合的な学習の一環で、中学1~3年生40人が参加。生徒たちは本物の大島紬に触れ、「すごくきれい」「意外と軽い」などと驚きながら繊細な柄や滑らかな手触りを体感していた。

 本場奄美大島紬産地再生協議会が協力し、本場奄美大島紬協同組合青年部の5人が講師を務めた。授業は座学と体験の2部構成で、座学では職人が図案作成、糸の染色、織りといった複雑な工程や歴史を解説した。

 同青年部の前田圭祐さんは▽泥染めは奄美大島でしかできない▽各工程に高度な技術が必要で、完成まで10カ月から1年ほどかかる▽着物好きなら誰もが知っているといわれている―などと説明し、「大島紬発祥の地に生まれたことを誇りに思って」と語り掛けた。

 体験では、実際に大島紬を着用して手触りや着心地を確かめた。生徒たちは慣れない和服の着付けに苦戦しつつ、はにかみながら互いの着物姿を褒め合っていた。

 3年生の一人はピンクや水色の柄が入った白紬を着用。「時間と手間がかかった着物だと分かった。とてもかわいいので成人式でも着たい」と笑顔で話した。

関連記事

紀伊民報社

大雨で民家や道路に被害 田辺市本宮町

 和歌山県田辺市本宮町で13~14日に降った大雨は、民家や道路に被害をもたらした。大雨の爪痕が残る現場を17日に訪ねた。  「本当にすごい雨だった」。本宮町本宮の男性(80)は振り返る。14日...

荘内日報社

全中サッカー開幕 庄内8会場で32チーム熱戦

 「第53回全国中学校サッカー大会」が18日、庄内8会場で始まった。全中サッカーが庄内で開催されるのは1988年以来、34年ぶり。鶴岡市の小真木原陸上競技場では1回戦で前年度優勝の神村学園中等部(鹿児島)が登...

海産物ロードをパレード 白老町虎杖浜越後踊り保存会  白老

白老町虎杖浜で17日、送り盆の伝統行事「虎杖浜越後盆踊り」が行われ、白老町虎杖浜越後踊り保存会(南昌宏会長)による踊りのパレードや灯籠流し、打ち上げ花火で先祖の霊を送った。パレードでは保存会の会員...

バイオガスからLPガス 鹿追町と古河電工 製造試験

 鹿追町と古河電工(東京、小林敬一社長)は18日、地域資源を最大限利活用した脱炭素・循環型社会の実現に向けた包括連携協定を締結した。同町中鹿追で家畜ふん尿由来のバイオガスからLPガスを合成し、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク