全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

諸鈍のデイゴ並木保全へ 加計呂麻島 瀬戸内町が樹勢回復事業

デイゴの木に登り、感染した枝を切る樹木医=8日、瀬戸内町諸鈍

 害虫被害などで樹勢が衰えている鹿児島県瀬戸内町加計呂麻島の諸鈍デイゴ並木について、同町は今年も回復事業を進めている。受託した東京都の「木風」によると、デイゴの衰退原因は菌の感染によるものとみられ、「キクイムシ」という虫が媒介しているという。同社樹木医の後藤瑞穂代表取締役は「感染した枝の切除や土壌改良の効果が出てきている。地域の歴史を伝える存在として大切にしてほしい」と話した。

 樹勢回復事業は県の2021年度特定離島ふるさとおこし推進事業を活用した。19年からの3カ年計画で、今年度の事業費は約650万円。

 同社によると、衰退したデイゴはFusarium属菌というカビの仲間に感染していることが分かった。これまでに見つかっている外来種の害虫デイゴヒメコバチは菌の感染には関わっておらず、枝の中に入り込んで菌を媒介する「養菌性キクイムシ」の影響が大きいという。

菌に感染し腐ったデイゴの枝=8日、瀬戸内町諸鈍

 8日は樹木医らが木に登り、感染した枝の除去作業を行っていた。後藤代表は「感染したデイゴを根治させる方法は無いが、管理によって感染拡大や枯死を防ぐことができる」と強調。「樹木の保全と観光を結びつけ、この先も守り続けてほしい」と語った。

 木風は協力企業と共に、18日まで枝切りや土中への液肥散布、土壌改良資材の埋め込みなどを行う予定。

 諸鈍のデイゴ並木は最も古い木が樹齢300年余りといわれ、町文化財に指定されている。開花期の5月ごろには深紅の花が海岸線を染める観光名所としても知られる。

 08年にデイゴに寄生するデイゴヒメコバチの被害が初確認され、その後衰弱や枯死などで85本あった木は現在までに62本に減った。

 町立図書館・郷土館の泉重行館長は「デイゴ並木は町の大切な財産。他の地域のデイゴとともに、事業終了後も何らかの形で治療を続けたい」と話した。

関連記事

荘内日報社

食堂への間借り出店スタート ギャラリー温泉「町湯」 多くの店とのつながり期..

 庄内町のギャラリー温泉「町湯」(齋藤千佳子支配人)で27日、施設内の食堂を貸し出す「間借り出店」を開始した。第1弾として「ハラダのカレー」が出店し、利用客らがスパイスの効いたオリジナルカレーを堪能し...

紀伊民報社

構内で時間旅行 かつての駅ジオラマ展示

 JR紀伊田辺駅(和歌山県田辺市湊)は、赤い三角屋根が特徴だった旧駅舎のジオラマを展示している。1955(昭和30)年当時の写真を基に利用客や周辺に駐車する車も再現しており、駅構内で懐かしい「時...

「ボンバー」が熱血指導 元日本代表 中澤さんサッカー教室 士幌

 士幌町開町100周年を記念し、サッカー元日本代表中澤佑二さんを招いた「サッカー教室」が25日、町総合研修センター・アリーナで開かれた。  町内の小・中学生47人が参加。ボールを使ったドリブル...

宇部日報社

「まちじゅうエヴァンゲリオン」発動 宇部市内でイベント

 「まちじゅうエヴァンゲリオン」発動―宇部市の篠崎圭二市長は29日、市出身の庵野秀明さんが総監督を務めた映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」に登場する舞台のモデルの一つとなったJR宇部新川駅で記者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク