全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「十勝食材の魅力広めたい」 フロマジェ世界大会3位の長原さん 芽室

 チーズの専門家「フロマジェ」の世界大会で3位に入賞した、芽室町のナチュラルチーズ製造販売「TOYO Cheese Factory」の長原ちさとさん(44)。初出場での栄誉に驚きながらも、「この経験を十勝・北海道、日本のチーズの発展に役立てたい」と思いを新たにしている。

華やかに盛り付けられたプラトーと長原さん(長原さん提供)

 大会は9月13日にフランスで開かれた「第5回世界最優秀フロマジェコンクール2021」。7カ国から9人が出場し、筆記試験、外皮を除いたチーズを食べて種類や熟成期間などを答える「ブラインドテイスティング」、食べ合わせを提案する「マリアージュ」など、チーズの知識や技術を問う九つの課題で審査を受けた。

 十勝のチーズ文化発展を期して大会に臨んだ長原さんは、スピーチテストでは管内複数の工房が共同で製造している「十勝ラクレットモールウォッシュ」を英語でPR。審査員から「日本のチーズを食べる機会がないのでうれしい。きれいな作りで、味もクリア」と好評価を得た。

 チーズの盛り付け技術を競うプラトーでは、テーマの「チーズ・パフュム(香り)」からインスピレーションを得た、今年で誕生100周年を迎えるフランスの香水「シャネル5番」をコンセプトとした。日本から持ち込んだ黒ベースのディスプレー台や食器に、丁寧にカットしたチーズを華やかに盛り付けた。フランス文化への敬意を示す一方、最後の彫刻の課題ではチーズを日本らしい折り鶴の形にし、コロナ禍の収束を願う気持ちを表した。

 TOYO Cheese Factoryは、東陽製袋(芽室)が経営多角化のため昨年立ち上げた工房。長原さんの夫で社長の覚さんが10年ほどかけて構想を練る中で、事業化に向けて長原さんにチーズの勉強を依頼。長原さんにとってチーズはそれまで食べて楽しむ物だったが、一念発起して15年に「チーズプロフェッショナル」資格の勉強を始めた。

世界大会で獲得した銅メダルを手にする長原さん。背景は折り鶴の形にカットしたチーズ

 そこから「チーズの魅力にどっぷりはまった」という長原さん。同資格やチーズ検定講師に続き、19年には日本チーズアートフロマジェ協会公式認定資格の「フロマジェ」を道内第1号で取得。学び始めて5年余りで、国内大会での優勝を経て世界の舞台へ駆け上った。「(表彰式では)順位は気にならず、やり切ったというすがすがしい気持ちだった」と振り返り、「人間的にもリスペクトできる各国の選手たちと同じ舞台に立てたことが財産」と話す。

 大会は2年に1度で、今回はコロナ禍を受けて規模を縮小して開かれた。長原さんは「コロナ禍で渡航も困難な中、無事に大会を終えて帰国できたのも、温かく応援してくれた全ての関係者のおかげ」と感謝。「フロマジェの立場から、チーズだけでなく十勝の食材の魅力を広めていきたい」と語る。

関連記事

忘勿石之碑 慰霊祭の継承が課題 「語り部育成し記憶つなぐ」

 戦争体験者が年々減る中、竹富町内でも戦後生まれの町民が全体の9割を占めている。戦争マラリアの記憶を次世代にどう継承していくかが課題となっており、忘勿石之碑慰霊祭の開催もそのひとつだ。  慰霊...

長野日報社

岡谷市土石流災害から1年 知人や地元住民が献花 長野県

昨年8月、大雨により母子3人が犠牲となった長野県の岡谷市川岸東の土砂災害から15日で1年が経過した。この日、母子がいた住宅の跡地には、朝から被害者の知人や地元住民らが訪れ、花を手向けたり手を合...

豊川海軍工廠跡地で学ぶ平和行政

新規採用の市職員  豊川市は8日と10日、今年度採用した職員に対し、豊川海軍工廠(こうしょう)平和公園で、平和行政の学習をした。今年度から採り入れた新しいテーマ。  77年前の8月7日に市内で実際...

核の恐さ被爆体験で訴え 広島の八幡さん 苫小牧市非核平和都市条例施行20周..

1945年8月、広島市己斐本町(現・西区)の自宅で被爆した八幡照子さん(85)=広島県府中町=による被爆体験証言会が13日、苫小牧市文化交流センターで開かれた。市と広島市の主催で、70人が来場。原...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク