全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

酪農の楽しさ ほっこり漫画に 専門誌に連載 新得

Dairy Japan誌と、連載中の「ぼくはうしくん」の4コマ漫画を手にする武藤さん

 新得町内の北広牧場(若杉政敏社長)の従業員武藤美鈴さん(29)が描く4コマ漫画「ぼくはうしくん」が、酪農専門情報誌「Dairy Japan」(デーリィ・ジャパン社発行)に連載されている。酪農現場の情報を発信する月刊誌で、乳牛を擬人化して描く武藤さんの漫画は「牛を扱う大切さや楽しさが伝わる」と全国の酪農家から好評だ。武藤さんは「人間に近い乳牛のしぐさや、季節ごとのネタを考えながら描くのが楽しい」と笑顔を見せる。

 福島県出身の武藤さんは2014年に帯広畜産大学を卒業。17年4月から北広牧場で働き、搾乳や哺育など乳牛の世話を担当している。「人工授精など繁殖の仕事は面白い」と充実した毎日を過ごす。

 「仲間に楽しんでもらえれば」と仕事の合間に描いた漫画が、周囲の目を引きつけた。昨年4月、同牧場の特集記事を取材するため訪れたデーリィ・ジャパン社北海道支局長の伊藤浩さん(63)に、同牧場取締役の若杉真吾さん(38)が漫画を見せたことが連載のきっかけ。伊藤さんは「自由な連想は個性的。キャラクターの面白さと楽しい酪農の魅力を感じる」と同誌への掲載を即決したという。

 昨年6月号から同誌に連載中で、今年10月号で第17回。記念すべき第1回は「こんにちは うしくん」「牛乳とうしくん」「アイスとうしくん」の3本で、ひょうきんなキャラクター「うしくん」が自己紹介するシーンで始まり、1ページ(A4判)の半分を飾った。

Dairy Japanの2020年6月号に掲載された「ぼくはうしくん」

 武藤さんの漫画を通して農業や酪農について楽しく理解してもらおうと、JA新得町酪農振興会ヤングファーマー(伊藤尭洋代表、会員70人)は、町内の小・中・高校生約420人に「ぼくはうしくん」の漫画を配布した。

関連記事

紀伊民報社

南高梅の収穫始まる 不作とひょう害で厳しく

 梅産地のみなべ町や印南町で、主力品種「南高梅」の収穫が始まった。JA紀州によると、暖冬や不完全な花が多かった影響などにより例年にない不作の上、ひょうの被害も重なり、厳しい年となっている。  ...

荘内日報社

庄内町産豚肉使用のレトルトカレー販売開始 北月山荘フレンチ食堂 モン・ヴィ..

 庄内町の月の沢温泉・北月山荘のフレンチ食堂「モン・ヴィペール」で調理を担当するシェフ・富樫一仁さん(42)が、同町産豚肉を使ったレトルトパック「ポークカレー」の販売を今月から開始した。同施設限定販...

国旗検定合格・山下さんの夢応援 帯広の澤田さん国連切手プレゼント

 帯広市在住の元自衛官澤田孝廣さん(76)は、「国際知識検定国旗(国旗検定)」1級に合格した下音更小学校3年生の山下康(こう)さん(8)に、1000枚超の「国連切手(国旗シリーズ)」をプレゼントし...

宇部日報社

おーるうぇいずが自立援助ホーム「永紬」開設 市内初20歳未満の入所施設【..

 NPO法人おーるうぇいず(松本鉄己代表)が、自立援助ホーム「永紬(なつむ)」を宇部市内に開所した。義務教育を終えた15歳からの子どもたちが、社会で自立した生活を送れるように、家庭的な雰囲気の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク