全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

白神観光やワーケーションにも 藤里町のNPOが新滞在拠点開設

地域のにぎわい創出の拠点として利用される南白神ベース。専用のウェブサイトも開設

 東北電力が行う「まちづくり元気塾」が7日、藤里町粕毛地内の「貸し田舎・南白神ベース」などで開かれた。8日に正式にオープンする南白神ベースに滞在することで何ができるか、どんな見どころがあるのかなどを紹介したほか、オープンに合わせて専用のウェブサイトも開設されることになり、本格運営の状況を確認した。

 空き家を改修して長期滞在を可能にした南白神ベースは、NPO法人ふじさと元気塾が県の「魅力ある里づくりモデル事業」を利用して、粕毛地内にある空き家を改修して整備した。
 ハード面の改修は県、町の補助金を利用したほか、予約システムや利用者が快適に滞在し、同町での体験を充実させるためのソフト面の導入は、東北電力が東北6県と新潟県で行っている「まちづくり元気塾」で支援。地域活力の再生や自立を目指す取り組みに関する専門知識とノウハウを持っている「ハバタク」(丑田俊輔代表取締役・五城目町)を「まちづくりパートナー」として同町に派遣し、運営体制を整えてきた。
 先月20日にプレオープンしている南白神ベースは、8日に正式オープン。ふじさと元気塾の藤原弘章理事長は「東北電力のまちづくり元気塾の支援を頂きながら来られたことに感謝したい。施設を内覧し、マウンテンバイク試乗などを体験してもらいたい」、東北電力秋田支店の中津山真澄総務広報部部長は、地域が直面している課題をデジタル技術を生かしたイノベーションで乗り越えていけることに期待を寄せた。
 南白神ベースには長期滞在も可能で、企業の研修、ワーケーション、白神観光の拠点などさまざまな利用形態が想定されている。ピザ窯を使ったピザ焼き、庭でのテント泊、マウンテンバイク、ロードバイクで地域を走行することができるなど、多彩な体験メニューも可能。また、施設から車で5分ほど、徒歩でも30分ほどの距離にある小高い山の上には展望デッキも整備しており、粕毛地区や白神の山並みを見渡すことができ、白神の麓に位置するまちを直感的に感じられるスポットになっている。
 関係者は各体験メニューを紹介したほか、ワークショップを開き、施設やウェブサイトの管理、体験メニューの提供体制を振り返り、南白神ベース本オープンに当たり、その運営状況を確認した。
 ハバタクの丑田代表取締役は「安価に活用できる技術を取り入れることから始め、迎え入れる住民側の負担を軽減しつつ、滞在者の体験がより充実したものになるようデジタル技術を導入した。ふじさと元気塾のコミュニティーをつくるという思いを、デジタル技術でさらに下支えしていくことも可能だと考えている」と話し、粕毛地区の住民らの取り組みが地域の再生という形に結び付くことを期待していた。

関連記事

紀伊民報社

南高梅の収穫始まる 不作とひょう害で厳しく

 梅産地のみなべ町や印南町で、主力品種「南高梅」の収穫が始まった。JA紀州によると、暖冬や不完全な花が多かった影響などにより例年にない不作の上、ひょうの被害も重なり、厳しい年となっている。  ...

荘内日報社

庄内町産豚肉使用のレトルトカレー販売開始 北月山荘フレンチ食堂 モン・ヴィ..

 庄内町の月の沢温泉・北月山荘のフレンチ食堂「モン・ヴィペール」で調理を担当するシェフ・富樫一仁さん(42)が、同町産豚肉を使ったレトルトパック「ポークカレー」の販売を今月から開始した。同施設限定販...

国旗検定合格・山下さんの夢応援 帯広の澤田さん国連切手プレゼント

 帯広市在住の元自衛官澤田孝廣さん(76)は、「国際知識検定国旗(国旗検定)」1級に合格した下音更小学校3年生の山下康(こう)さん(8)に、1000枚超の「国連切手(国旗シリーズ)」をプレゼントし...

宇部日報社

おーるうぇいずが自立援助ホーム「永紬」開設 市内初20歳未満の入所施設【..

 NPO法人おーるうぇいず(松本鉄己代表)が、自立援助ホーム「永紬(なつむ)」を宇部市内に開所した。義務教育を終えた15歳からの子どもたちが、社会で自立した生活を送れるように、家庭的な雰囲気の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク