全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

道の駅ウトナイ湖・プレジール ホッキ貝やB1とんちゃん使用のご当地おむすびを限定発売

道の駅ウトナイ湖(苫小牧市植苗)内のプレジールは6日、「ほっきおむすび」と「とんむす」の実演販売を行った。胆振総合振興局が地元の食材PRを目的に呼び掛け、管内11市町の特産品を使って開発されたご当地おむすび「いぶり11」の苫小牧版。

おむすびを手渡す川原さん(右)

 苫小牧が20年連続水揚げ量日本一のホッキ貝を使用し、食感とだしの香りがいい「ほっきおむすび」(税込み350円)と、苫小牧のブランド豚「B1とんちゃん」を甘辛く味付けした「とんむす」(同)の2種類を販売した。それぞれ1つずつ入ったパックは550円(同)。

 世界的に活躍する「ライスボールプレーヤー」で、レシピを監修した川原悟さんは「素材そのものの味を生かすことにこだわった。一口目から具材を楽しめるようまぜご飯にした」と話す。この日は同店を訪れ、味付けや握るコツを佐藤晶子店長らに直接指導した。教わった佐藤店長は「おむすび目当てに訪れてもらえるよう販売していきたい」と意気込んだ。

 購入した明野元町の主婦、小林利恵さんは「新しい味に興味がある。食べるのが楽しみ」と笑顔を見せた。

 次回販売は13日午前11時から。無くなり次第終了。問い合わせはプレジール 電話0144(58)2677。

関連記事

紀伊民報社

南高梅の収穫始まる 不作とひょう害で厳しく

 梅産地のみなべ町や印南町で、主力品種「南高梅」の収穫が始まった。JA紀州によると、暖冬や不完全な花が多かった影響などにより例年にない不作の上、ひょうの被害も重なり、厳しい年となっている。  ...

荘内日報社

庄内町産豚肉使用のレトルトカレー販売開始 北月山荘フレンチ食堂 モン・ヴィ..

 庄内町の月の沢温泉・北月山荘のフレンチ食堂「モン・ヴィペール」で調理を担当するシェフ・富樫一仁さん(42)が、同町産豚肉を使ったレトルトパック「ポークカレー」の販売を今月から開始した。同施設限定販...

国旗検定合格・山下さんの夢応援 帯広の澤田さん国連切手プレゼント

 帯広市在住の元自衛官澤田孝廣さん(76)は、「国際知識検定国旗(国旗検定)」1級に合格した下音更小学校3年生の山下康(こう)さん(8)に、1000枚超の「国連切手(国旗シリーズ)」をプレゼントし...

宇部日報社

おーるうぇいずが自立援助ホーム「永紬」開設 市内初20歳未満の入所施設【..

 NPO法人おーるうぇいず(松本鉄己代表)が、自立援助ホーム「永紬(なつむ)」を宇部市内に開所した。義務教育を終えた15歳からの子どもたちが、社会で自立した生活を送れるように、家庭的な雰囲気の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク