全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ヒマワリ畑で思い出を 9、10日今季最終観賞イベント 音更

 音更町下士幌48の黒田農場(黒田浩光さん経営)は9、10の両日、今季最終回のヒマワリ観賞イベントを開く。広大なヒマワリ畑の中をトラクターでけん引する「観覧車」に乗って、絶景ポイントを満喫できる。

ヒマワリ畑を回る「観覧車」と黒田さん

 同農場は、道東道音更帯広インターチェンジから十勝川温泉までを結ぶ観光街道「音更メロディーライン」沿いにある。毎年、収穫を終えた小麦畑で緑肥作物としてヒマワリを栽培している。

 2016年から観賞イベントを開いているが、昨年は新型コロナウイル感染拡大に配慮し中止した。2年ぶりの今季は2日から土、日曜に開催。8ヘクタールの畑には高さ約1メートルに伸びたヒマワリが160万本ほど咲いている。

 来場者はヒマワリ畑を巡回しながら、畑の中でも最も傾斜のきつい場所にある絶景ポイントを訪れる。巡回時間は約30~40分で、写真撮影のために数カ所で停車。畑の中に入って、自由に好きなだけヒマワリを摘むこともできる。

 黒田さん(48)は「絶景ポイントでは無数のヒマワリが覆いかぶさってくるような錯覚に陥る。期待して見に来てもらいたい」と話している。

 コロナ禍のため、1回の乗車人数は12人までに制限する。乗車定員を超える人数が来場した場合は数回に分けて巡回する。今季は飲食の提供を行わない。

 開催時間は午前10時~午後3時。入場料は中学生以上1000円、小学生500円、幼児無料。入場時に農作物の病害虫予防のため、当日配布するシューズカバーを着用する。

 問い合わせは、黒田さん(090・1522・7502)へ。

関連記事

紀伊民報社

南高梅の収穫始まる 不作とひょう害で厳しく

 梅産地のみなべ町や印南町で、主力品種「南高梅」の収穫が始まった。JA紀州によると、暖冬や不完全な花が多かった影響などにより例年にない不作の上、ひょうの被害も重なり、厳しい年となっている。  ...

荘内日報社

庄内町産豚肉使用のレトルトカレー販売開始 北月山荘フレンチ食堂 モン・ヴィ..

 庄内町の月の沢温泉・北月山荘のフレンチ食堂「モン・ヴィペール」で調理を担当するシェフ・富樫一仁さん(42)が、同町産豚肉を使ったレトルトパック「ポークカレー」の販売を今月から開始した。同施設限定販...

国旗検定合格・山下さんの夢応援 帯広の澤田さん国連切手プレゼント

 帯広市在住の元自衛官澤田孝廣さん(76)は、「国際知識検定国旗(国旗検定)」1級に合格した下音更小学校3年生の山下康(こう)さん(8)に、1000枚超の「国連切手(国旗シリーズ)」をプレゼントし...

宇部日報社

おーるうぇいずが自立援助ホーム「永紬」開設 市内初20歳未満の入所施設【..

 NPO法人おーるうぇいず(松本鉄己代表)が、自立援助ホーム「永紬(なつむ)」を宇部市内に開所した。義務教育を終えた15歳からの子どもたちが、社会で自立した生活を送れるように、家庭的な雰囲気の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク