全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

新種のハゼ発見 石垣島や沖縄本島に分布 種の「謎」解明にも期待 OIST研究チーム

キジムナーボウズハゼのオス(右)とブナガヤボウズハゼのオス(前田健氏撮影)

 沖縄科学技術大学院大学(OIST)の前田健氏らの研究チームは石垣島や沖縄本島など県内で2種、フィリピンのパラワン島で1種の新種のハゼを発見した。このうち沖縄産の2種の和名は「キジムナーボウズハゼ」と「ブナガヤボウズハゼ」と名付けられた。論文は学術誌の「Systematics and Biodiversity」に4日発表された。

 今回、新たに新種記載された3種のハゼは沖縄本島や八重山、奄美大島などに分布するヨロイボウズハゼによく似ているが、オスはそれぞれ種特有の赤い模様がある。

 特に沖縄で見つかった2種は赤色で描かれることの多いガジュマルの精霊「キジムナー」とやんばるの山や川の精霊「ブナガヤ」にちなんだ和名が提唱され、学名もそれぞれ「Lentipes kijimuna」「Lentipes bunagaya」と名付けられた。

 キジムナーボウズハゼは、これまで沖縄本島と石垣島で確認されており、前田氏は「今後、西表島でも発見される可能性はある」と話した。ブナガヤボウズハゼは沖縄本島でのみの記録となっている。

 前田氏は「キジムナーボウズハゼもブナガヤボウズハゼも神出鬼没でまれにしか出会えない。仔魚期を海で過ごす彼らの本拠地は東南アジアにあり、そこから流された仔魚が沖縄に入ってきているのだろう」と説明する。

 同氏によると仔魚が広範囲へ分散すれば種分化が起きにくくなり、固有性が維持されないことが予想されるというが、実際にはボウズハゼの仲間には多くの種が含まれ、地域の固有種も存在する「ボウズハゼ類の謎」の解明に期待がかかる。

 論文は以下のサイト(https://doi.org/10.1080/14772000.2021.1971792)で読める

関連記事

紀伊民報社

南高梅の収穫始まる 不作とひょう害で厳しく

 梅産地のみなべ町や印南町で、主力品種「南高梅」の収穫が始まった。JA紀州によると、暖冬や不完全な花が多かった影響などにより例年にない不作の上、ひょうの被害も重なり、厳しい年となっている。  ...

荘内日報社

庄内町産豚肉使用のレトルトカレー販売開始 北月山荘フレンチ食堂 モン・ヴィ..

 庄内町の月の沢温泉・北月山荘のフレンチ食堂「モン・ヴィペール」で調理を担当するシェフ・富樫一仁さん(42)が、同町産豚肉を使ったレトルトパック「ポークカレー」の販売を今月から開始した。同施設限定販...

国旗検定合格・山下さんの夢応援 帯広の澤田さん国連切手プレゼント

 帯広市在住の元自衛官澤田孝廣さん(76)は、「国際知識検定国旗(国旗検定)」1級に合格した下音更小学校3年生の山下康(こう)さん(8)に、1000枚超の「国連切手(国旗シリーズ)」をプレゼントし...

宇部日報社

おーるうぇいずが自立援助ホーム「永紬」開設 市内初20歳未満の入所施設【..

 NPO法人おーるうぇいず(松本鉄己代表)が、自立援助ホーム「永紬(なつむ)」を宇部市内に開所した。義務教育を終えた15歳からの子どもたちが、社会で自立した生活を送れるように、家庭的な雰囲気の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク