全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

世界的ビール審査会2部門で受賞 ナギサビール

入賞したビールを持つ真鍋和矢社長(右)と醸造部の飯村一真さん=和歌山県白浜町で

 世界のビールを対象にした審査会「インターナショナル・ビアカップ2021」(日本地ビール協会主催)で、和歌山県白浜町の「ナギサビール」が2部門で金賞と銅賞を受賞した。金賞のビールは、同分類の金賞の中から「チャンピオン」にも選出された。
 今年の審査会は122部門があり、日本を含む8カ国・地域の211事業所から計943点の出品があった。審査は9月24、25日に横浜市であった。
 「クラシック・イングリッシュ・スタイル・ペールエール」部門で金賞を受賞したのは、ナギサビールが創業時から醸造する主力の「ペールエール」。4種のホップと5種の麦芽を使い、コクとほのかな甘み、苦みがバランスよく味わえる。「ブリティッシュ・ヘリテージ」という分類のチャンピオンになった。
 同じく創業の頃から醸造している柔らかい飲み口が特徴の「アメリカンウィート」は、「アメリカン・スタイル・ウィート・ビアー」部門で銅賞を受けた。2年連続での受賞になる。
 ナギサビールの真鍋和矢社長(54)は「現状を把握する意味で出品したが、まさか『チャンピオン』に選ばれるとは思っていなかった」と喜びつつ「より理想的なビールを追求したいし、まだまだという思いはある。もっとおいしくなるよう改善を続けていく」と話している。

関連記事

荘内日報社

21年度 全米日本酒歓評会(日本各地から500点超出品) くどき上手「Jr.の雫..

 「2021年度全米日本酒歓評(かんぴょう)会」がこのほど、ハワイのホノルル市内で行われ、亀の井酒造(鶴岡市羽黒町、今井俊治社長)の大吟醸「くどき上手Jrの雫(しずく)」が大吟醸部門で最高賞のグランプ...

長野日報社

幼虫やさなぎびっしり 地蜂の巣入荷最盛期 長野県伊那市

伊那市ますみケ丘の産直市場グリーンファームで、地蜂(クロスズメバチ)の巣の入荷が最盛期を迎えた。店内には一段一段にびっしりと幼虫やさなぎが詰まった巣がずらりと並び、来店した人たちを驚かせている...

荘内日報社

全国有名店の味楽しんで 庄内空港 「ラーメン・麺類大集合」開幕

 今月1日に開港30周年の節目を迎えた酒田市の庄内空港で9日、国内外の名産品・グルメを取りそろえた月替わり物産展「おいしい翼のマルシェ」第6弾「全国のラーメン・麺類大集合」が開幕。北は北海道、南は九州ま...

ユリ根で揚げかまぼこ 大坂農場が道の駅・忠類で販売

 ユリ根農家の大坂農場(幕別町忠類新生176、大坂崇士代表)がユリ根を使った揚げかまぼこ「ナウマンボール」の販売を道の駅・忠類で始めた。同農場として加工品作りに挑戦するのは初の試み。毎年一定数出る...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク