全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

新鮮「くまどり」メーク 中尾歌舞伎の体験ツアー

歌舞伎の代表的なくまどりメーク「筋隈」を体験する参加者

長野県伊那市長谷の中尾地区に伝わる市無形民俗文化財、中尾歌舞伎の「歌舞伎なりきり体験」が3日、中尾座で開かれた。長野伊那谷観光局、南信州観光公社、木曽観光連盟の3団体が連携して進める地域振興事業の一つ「ファムトリップ(事業者向けツアー)」の一環で開催。中京圏の旅行会社やメディア関係者ら5人が、歌舞伎独特の化粧「くまどり」のメークを体験したり、衣装を試着したりした。

ツアーは2地域ごとの組み合わせで、参加者を変えながら3回実施する予定。1回目の今回は中尾歌舞伎を組み入れ、1泊2日の日程で上伊那・木曽コースを巡った。

参加者は、激しい怒りや超人的な強さを持つ者の役に用いられる歌舞伎の代表的なくまどり「筋隈」の化粧を体験した。顔を洗い準備を整えると、中尾歌舞伎保存会の化粧担当者らの指導で、見本を見ながら挑戦。スティック状のドーランで顔全体を白く塗り、その上に筆を使って赤と黒の顔料で鼻筋や額、眉毛などを跳ね上げるように隈を取った。

初めての経験に苦戦しながらも化粧を完成させた参加者は、公演で実際に使用する衣装を身に着けて写真撮影。最後はくまどりを布に押し当てて写し取る「押隈」も体験した。

名古屋市内の旅行代理店から研修で参加した日高紗希さん(23)は「赤と黒の線を描くのが難しかったけれど、塗り始めると楽しくできた。何も知らない地域の文化を知り、雰囲気を味わえて新鮮だった」と話していた。

同観光局(事務局・上伊那広域連合内)の江橋秀久事務局長は「地域を知ってもらい観光資源を磨き上げるため、広い地域で連携して宣伝を行い、観光造成につながれば」と期待した。

関連記事

米原利用ルール順守を 注意喚起看板設置 ビーチジャーニーが寄付

 米原海岸の駐車場2カ所に米原海岸の利用ルールを表示した畳ほどの大きさの看板2枚が15日までに設置された。石垣島米原海岸自然保護協会(花城康志代表理事)がチャリティーアクセサリーショップの「Beac...

長野日報社

諏訪湖一周で「スワイチ」認定証 湖周3観光協会が連携企画 長野県

諏訪湖一周を「スワイチ」と呼びます―。長野県にある諏訪湖の湖周2市1町の観光協会が連携し、諏訪湖一周を通じて諏訪湖の魅力を体感、発信する企画を始めた。第一弾は15日から、自転車で楽しむ「スワイチ...

長野日報社

企画展「背中から見る土偶」 長野県茅野市尖石縄文考古館

 長野県茅野市尖石縄文考古館は、土偶を後ろ向きに展示した企画展「背中から見る土偶」を開いている。同館は「手抜きのない背中の造形美もじっくり見てもらえれば」としている。11月23日まで。  同館に...

長野日報社

花火観賞とまち歩き 諏訪観光協会が企画展開

諏訪観光協会は、諏訪市の諏訪湖で今月始まった「諏訪湖オータム花火」に合わせ、花火に集まる人たちにまち歩きやドライブ、飲食や宿泊を楽しんでもらう企画を展開している。JAF長野支部との共同企画「諏訪ド...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク