全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

沿線3県連携しアピール

皆川鶴岡市長が開会あいさつで沿線3県の連携を訴えた羽越本線高速化促進大会=16日、東京都内のホテル

 日本海沿岸東北自動車道(日沿道)の早期全線開通とJR羽越本線の高速化・羽越新幹線の実現を訴える、山形・新潟・秋田3県沿線市町村による促進大会が16日、東京都千代田区内のホテルで開かれた。羽越本線の大会では新潟地区期成同盟会長の篠田昭新潟市長が、JR新潟駅で進められている上越新幹線と特急「いなほ」の同一ホーム乗り換えについて、「来年のゴールデンウイーク前には供用開始になる」と開業時期の見通しを示した。

 両促進大会とも3県住民の熱意を表明し早期実現を政府や関係当局に強く訴えるため、沿線住民と経済団体などを結集して毎年開催している。今回はいずれも約350人が参加した。

 新潟駅の新幹線といなほの同一ホーム乗り換えは、新潟市などが同駅周辺で進める在来線高架化の連続立体交差事業によるもので、羽越本線高速化促進大会の主催者あいさつの中で篠田市長が、ゴールデンウイーク前の来年4月ごろに供用開始となる見通しを明らかにした。大会では庄内地区期成同盟会長の皆川治鶴岡市長が開会あいさつし、秋田地区代表の意見発表に続き、庄内地区を代表して丸山至酒田市長が決議文を読み上げ、羽越本線の高速化は全国的に見ても特に遅れており、災害に強い国土形成のためにも政府の基本計画に定められた羽越新幹線の整備が必要不可欠などとして、▽新潟駅での同一ホーム乗り換え事業完了に合わせた所要時間短縮▽羽越新幹線を整備計画路線に格上げするための法定調査開始―など4項目の要望事項を決議した。

 一方、日沿道建設促進大会では、来賓祝辞で国土交通省の石川雄一道路局長が「日沿道は約7割が完成しているが、課題は(山形県を挟む)県境部。推計では1000億円以上必要になる。力強い支援で予算獲得をお願いしたい」と述べた。

 沿線住民を代表して鶴岡市立加茂水族館の奥泉和也館長が「日沿道は交流人口の増加、観光振興、地域発展などに大きく寄与する。必要不可欠の道路であり、早期実現を望む」と全線開通の必要性を強調して意見発表した。

 大会決議では、未開通区間の新潟―山形、山形―秋田の両県境部の工事着手など全線開通に向け事業が本格化してきているとし、▽事業の着実な実施のため、必要な予算の確保・措置▽「朝日温海道路」「酒田みなと―遊佐」「遊佐象潟道路」など事業中区間の建設促進―など5項目を決議した。

関連記事

長野日報社

関東甲信 過去最速梅雨明け 諏訪地方もスッキリ青空 長野県

気象庁は27日、長野県を含む関東甲信地方が梅雨明けしたとみられると発表した。1951年の統計開始以来最も早く、平年より22日、昨年より19日早い。梅雨明けまでの期間は21日と過去最短だった。 ...

紀伊民報社

「野球始めるきっかけに」 元阪神・濱中さんが教室

 田辺市出身で元プロ野球選手の濱中治さん(43)が25日、和歌山県上富田町朝来の上富田スポーツセンターで野球教室を開いた。  濱中さんは5月、野球独立リーグ「和歌山ファイティングバーズ」のゼネラ...

荘内日報社

女子プロレス・ディアナ庄内大会 同郷の井上選手らとタッグ戦

佐藤選手 古里・庄内町で凱旋試合  庄内町余目出身の女子プロレスラー・佐藤綾子選手(36)の凱旋(がいせん)興行「ワールド女子プロレス・ディアナ庄内大会」が25日、同町総合体育館で行われた。メインイベ...

厚真神社お披露目 復旧した姿に笑顔 鎮守の杜マルシェ

胆振東部地震で社務所や鳥居などが大きな被害を受けた厚真神社の復旧をお披露目するイベント「鎮守の杜(もり)マルシェ」が24、25両日、同神社で開かれた。神事の茅の輪くぐりや手水舎(ちょうずや)に花々...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク