全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

トレイナート出品作展示

南部駅前に展示するウミガメの作品。奥は溝端秀章さん、手前は松下恭子さんが手掛けた(和歌山県田辺市龍神村小家で)

 JR紀勢線の列車や駅舎などが舞台の芸術イベント「紀の国トレイナート2021」(10月31日~11月21日、実行委員会主催)を前に、和歌山県みなべ町芝の南部駅前で10月3日、芸術家がベニヤ板などで制作したアカウミガメの作品展示と子ガメを作る体験会がある。

 アカウミガメを作ったのは、田辺市龍神村小家に住むデザイナーで造形作家の溝端秀章さんと、みなべ町埴田に住むイラストレーターの松下恭子さん。溝端さんは過去のトレイナートで太地駅(太地町)と周参見駅(すさみ町)で作品を手掛けたことがあるが、松下さんは今回が初めて。
 みなべ町を訪れた人や地元の人に、豊かな自然の大切さや生き物の命の尊さを知ってもらいたいと、同町山内の千里の浜に産卵に来るアカウミガメを作品にして町の玄関口である南部駅に展示することにした。
 2人はアカウミガメが産卵する様子を数年前に見学したことがあり、当時の記憶をたどり、このほど溝端さんのアトリエでそれぞれ1体ずつを制作。耐水性のあるベニヤ板にアクリル絵の具などでアカウミガメを描いたものをカットして仕上げた。作品のタイトルは「海の生きものたち‥‥アカウミガメ物語」。大きさは溝端さんの作品が甲羅の幅約75センチ、体長140センチ。松下さんの作品が甲羅の幅64センチ、前肢を伸ばした先から尾部までの長さ155センチ。
 10月3日は午前中に南部駅前ロータリー内の芝生に作品を設置する。

関連記事

紀伊民報社

ギネス記録を達成 最大のレーザービーム文章

 和歌山県白浜町内で3軒の温泉宿を運営する「オージャス」(金田紀彦社長)は24日夜、同町椿で運営する温泉宿「XYZプライベートスパ&シーサイドリゾート」前の海岸で、「レーザービームで作った最大の...

荘内日報社

麺恋の 酒田ラーメン巡り旅PR 6月30日まで5店で開催 公益大生が動画撮影協力

 酒田のラーメンに着目したイベント「麺恋(めんごい)の!酒田んめもの巡り旅」が行われ、地元のラーメン愛好者たちを楽しませている。今月23日には市内のラーメン店で東北公益文科大学ラーメン同好会「麺恋の...

十勝の地盤マップ公開 帯広の東成「住宅建てる参考に」

 地盤調査を行う東成(帯広市、花房紀陽社長)は、十勝管内の地盤傾向を検索できる「地盤ファクト」(地盤マップ)を6月1日(予定)からホームページで一般公開する。地域ごとに地盤の傾向を3段階で表記して...

夜の海、幻想的に 大和村 国直沖でサンゴ産卵

 大和村国直沖で20日から、三夜連続でサンゴの一斉産卵が確認された。奄美海洋生物研究会会長で自然写真家の興克樹さん(51)=奄美市名瀬=が撮影した。卵と精子の入った直径0・5㍉ほどの淡いピンク色...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク