全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

換気を「見える化」 文化祭に向けコロナ対策 帯広西陵中学校

文化祭のリハーサル中、測定器でCO2濃度を調べる帯広西陵中の生徒。左が学校薬剤師の山本さん

 帯広西陵中学校(福田茂校長、生徒400人)の生徒が27日、新型コロナウイルス対策として、校内の二酸化炭素(CO2)濃度の測定に取り組んだ。来月の文化祭へ向けて換気がきちんとできているか確認するためで、専門家も立ち会った。

 換気の悪い空間は感染のリスク要因の一つ。文部科学省は、可能な限り常時換気に努めるよう呼び掛けている。

 同校では今月中旬、学校薬剤師の山本啓人(よしひと)さん(40)の協力を得て、授業中の教室と体育館で測定器を使い、CO2濃度を測定。換気が良好に保たれていることを示す1000ppm未満に収まっていることを確認した。

 来月1日には学年ごとに文化祭が開かれ、保護者も参観に訪れる。そこで、この日は山本さんの監督の下、1~3年生が体育館や音楽室でリハーサルを行う中、各学年の生徒会保健美化委員会のメンバーがそれぞれ測定に臨んだ。

 体育館では対角線上になるよう2カ所の扉を開け、扇風機を置いて空気の流れを作った。測定器を手にした生徒は、場所を変えながらCO2濃度を調べた。

 山本さんは結果に対し、「きちんと換気ができている」と評価した上で、「窓は少し開けるだけで外から空気が入ってくる。もう少し空気の取り入れ口を増やしてもいい」とアドバイス。同委員会の女子生徒(2年)は「数値が目に見えることで、換気の大切さが改めて分かった」と話していた。

関連記事

紀伊民報社

懐かしの味をドライブインで 古久保さん腕振るう

 和歌山県田辺市龍神村広井原に9月にオープンしたドライブイン「龍の故郷(ふるさと)」で、厨房(ちゅうぼう)のスタッフとして働いている古久保清子さん(81)=龍神村西=は、昨年まで龍神村で長年愛さ...

荘内日報社

科学の甲子園県大会優勝 酒東高チーム2年連続 全国舞台へ決意

 科学好きな高校生が集い、知識・技術を競い合う科学技術振興機構(JST)主催の「第12回科学の甲子園」県大会で、県立酒田東高校(大山慎一校長、生徒487人)の理数探究科2年生8人の出場チームが優勝し30日、...

Sea級グルメ全国大会 苫小牧「ホッキしゅうまい」初制覇

苫小牧港の活性化に取り組む団体、みなとオアシス苫小牧運営協議会(会長・関根久修苫小牧港開発社長)が開発した「ホッキしゅうまい」が第13回みなとオアシスSea級グルメ全国大会で初優勝を果たした。水揚...

宇部日報社

きょうから師走、宇部健康保険センターの年末一斉監視指導始まる【宇部】

   きょうから師走。年末に向け、人も物の動きも活発になる。宇部健康福祉センター(前田和成所長)は1日、多種類の食品が短期間に大量流通する年末の食の安全確保を目的に、管内となる宇部、山陽小野田...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク