全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

換気を「見える化」 文化祭に向けコロナ対策 帯広西陵中学校

文化祭のリハーサル中、測定器でCO2濃度を調べる帯広西陵中の生徒。左が学校薬剤師の山本さん

 帯広西陵中学校(福田茂校長、生徒400人)の生徒が27日、新型コロナウイルス対策として、校内の二酸化炭素(CO2)濃度の測定に取り組んだ。来月の文化祭へ向けて換気がきちんとできているか確認するためで、専門家も立ち会った。

 換気の悪い空間は感染のリスク要因の一つ。文部科学省は、可能な限り常時換気に努めるよう呼び掛けている。

 同校では今月中旬、学校薬剤師の山本啓人(よしひと)さん(40)の協力を得て、授業中の教室と体育館で測定器を使い、CO2濃度を測定。換気が良好に保たれていることを示す1000ppm未満に収まっていることを確認した。

 来月1日には学年ごとに文化祭が開かれ、保護者も参観に訪れる。そこで、この日は山本さんの監督の下、1~3年生が体育館や音楽室でリハーサルを行う中、各学年の生徒会保健美化委員会のメンバーがそれぞれ測定に臨んだ。

 体育館では対角線上になるよう2カ所の扉を開け、扇風機を置いて空気の流れを作った。測定器を手にした生徒は、場所を変えながらCO2濃度を調べた。

 山本さんは結果に対し、「きちんと換気ができている」と評価した上で、「窓は少し開けるだけで外から空気が入ってくる。もう少し空気の取り入れ口を増やしてもいい」とアドバイス。同委員会の女子生徒(2年)は「数値が目に見えることで、換気の大切さが改めて分かった」と話していた。

関連記事

紀伊民報社

みこし担いで海へ 熊野神社の潮掛け神事

 地元で「お熊野さん」として親しまれている和歌山県白浜町才野の熊野神社で13、14日、例大祭が営まれた。コロナ禍の影響で規模を縮小していたため、通常通り営むのは5年ぶり。地域をみこしが練り歩き、...

ウトナイ湖の春満喫 野鳥観察会に70人 苫小牧

苫小牧市植苗のウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターと日本野鳥の会苫小牧支部は13日、同湖畔で「春のウトナイ湖野鳥観察会」を開いた。市内外から約70人が参加し、湖畔の豊かな自然に触れた。 ...

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカ..

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ば...

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク