全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

使って便利「庄内まちナビカード」 加茂水族館と酒田夢の倶楽に配置 案内情報と特典掲載観光施設・お店周遊に

 県と庄内5市町、戸沢村などでつくる「庄内観光コンベンション協会」(事務局・県庄内総合支庁地域産業経済課)は10月1日(金)から、観光振興に向けた新企画「庄内まちナビカード」を実施する。管内の観光施設や店舗など45カ所の案内情報と来店時の特典を載せたはがき大のカードで周遊を促すもの。地域外からの観光客が集中する鶴岡市立加茂水族館と酒田市の酒田夢の倶楽(山居倉庫内)の2カ所に専用ラックを設けてカードをまとめて掲出し、自由に持っていってもらう。

観光施設・店舗の案内情報、特典を載せた「庄内まちナビカード」の一部

 まちナビカードは、カードに各施設・店舗の特長や所在地、連絡先、案内図などの情報、来店時の特典を掲載したもの。1施設・店舗につき1枚のカードを作る。クーポン券をまとめた大判の紙などのようにかさばらず、掲出場所から目当てのカードだけ選んで持っていくため、利用率は高いという。県内では米沢・置賜地区で2018年度から導入し好評なことから、庄内でも同協会が中心になって試行する。

 参加するのは、同協会の呼び掛けに応じた宿泊施設や土産物店、飲食店、菓子店、タクシー会社など45カ所(鶴岡市24カ所、酒田市17カ所、三川町1カ所、庄内町2カ所、戸沢村1カ所)。特典はカード持参の来店時に使えるもので、「600円の中華そばを500円で提供」「全メニュー10%引き」「地魚の寿司1貫サービス」など各所で異なる。

 カードは1カ所につき1000枚、計4万5000枚を作成した。加茂水族館と酒田夢の倶楽にそれぞれ回転式のラックを置き、45種のカードを掲出する。特典に関わるものを除き、カードの印刷やラック設置などの経費は全て同協会が負担した。掲出は来年6月30日(木)までだが、特典は施設・店舗によって期間満了前に終了する場合もあるという。

 事務局では「地域外から旅行に来た人に周遊を促すのが狙い。カードは小さいので、気軽に利用してもらえるのでは」と波及効果に期待している。利用状況を見ながら、期間終了後の継続も検討する。その場合は、参加施設・店舗が経費を拠出し、より主体的な取り組みに移行していくことも視野に入れているという。

関連記事

紀伊民報社

みこし担いで海へ 熊野神社の潮掛け神事

 地元で「お熊野さん」として親しまれている和歌山県白浜町才野の熊野神社で13、14日、例大祭が営まれた。コロナ禍の影響で規模を縮小していたため、通常通り営むのは5年ぶり。地域をみこしが練り歩き、...

ウトナイ湖の春満喫 野鳥観察会に70人 苫小牧

苫小牧市植苗のウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターと日本野鳥の会苫小牧支部は13日、同湖畔で「春のウトナイ湖野鳥観察会」を開いた。市内外から約70人が参加し、湖畔の豊かな自然に触れた。 ...

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカ..

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ば...

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク